債務整理 和解できない時はどうするの??

債務整理で和解するケースと言えば、「任意整理」と「特定調停」になります。

(=任意整理の中には、過払い金返還請求も含みます。)

民事再生は、債権者全員の同意でなくても、多数の同意を得られれば可能ですし、自己破産は債権者の同意を得る必要はありません。

 

特定調停に関しては、裁判所が介入する事もあるので、調停が出来ない場合は、不調となってしまいますので、和解に至らない会社が出る事もあります。

任意整理に関しては、債権者との和解交渉が上手くいかない場合、和解に至らない事もありますが、会社ごとに和解交渉が出来るので、それぞれで任意整理する事は可能ではあります。

 

しかし、全債権者との債務整理が出来なければ、せっかくの手続きも意味をなさないですし、借金問題を根本的に解決する力にはならないです。

そのため、和解が不調に終わる場合は、最終的には自己破産を考える事が必要かもしれません。

 

また、自己破産をちらつかせながら、和解の材料にするのも一つの方法です。

債権者からすると、任意整理や特定調停で和解ができれば、その分の元金回収が出来る可能性がありますが、自己破産をされてしまうと、配当金以外の回収は出来ないので、大きな損失を被る事もあります。

 

相手のペースで交渉するよりも、こちらのペースに引きずり込み、交渉を有利に進めるためにも、駆け引きが必要ですし、交渉能力に長けた弁護士や司法書士に任せる方が良い理由は、ここにもあると言っても良いかと思います。