債務整理に失敗!二回目はあるの??

民事再生、特定調停、任意整理といった、自己破産を除く債務整理の手続をすると、その後毎月の分割返済を計画どおりに行うようになりますが、せっかく上手く和解できても、その通り履行出来ない事もあります。

例えば、途中でリストラで失業したり、転職で収入が減少したり、家族構成が変わり支出が増加したり、病気をして欠勤や収入減少したり・・・

挙げだすと、キリが無いくらいですが、返済するだけの原資がなければ、せっかく決めた事も失敗に終わってしまうという事になります。

 

では、一度失敗した債務整理。

例えば、

「任意整理していたけど、返済できそうにないので、自己破産をしたい・・・」

というケースだったり、

「任意整理したけど、返済できずに和解破棄されたけど、もう一度今の状況を考えた任意整理をしたい・・・」

とうケースだったり、

このような事が可能なのか?そして有益なのか??について、ここではまとめていきたいと思います。

 

任意整理を二度する事は可能?メリットはあるの??

任意整理を過去にしていて、もう一度改めて出来るのか??ですが、結論としては「可能」ですが、一度債権者からすると裏切られているわけですから・・・

用意に、任意整理の和解に応じるか??となると、簡単な事ではないと思います。

 

また、任意整理を二度する事にメリットがあるのか??という点ですが、おそらく一度目の任意整理を延滞した事で「期限の利益を喪失」し、一括請求されたり、遅延損害金が発生している事が考えられると思います。

(=期限の利益については、債務整理 延滞でまとめていますので、一緒に読んでいただけると、理解も深まるかと思います。)

 

この状況をもう一度将来利息をカットして、分割返済出来るようにして欲しい・・・と申し出るわけですが、債権者からすると、今の状況でも強制執行しようと思えば手続きを取れるような状況ですし、きちんと納得させれるだけの材料がなければ、和解に応じるのは厳しいでしょう。

 

これらを考えて、任意整理を二度目にする事は、あまりメリットを感じないのでは無いか?と個人的には思いますが、人それぞれの事情もありますし、二度目をする際にはきちんと返済しよう・・・

と心に決めて、きっちり返済が出来るのであれば、和解の余地はあるかもしれませんね。

 

任意整理よりも、二回目の債務整理に最適な手段は??

個人的には、任意整理を二度するよりも、自己破産もしくは民事再生をする方が良いのでは?と思います。

自己破産であれば借金をチャラに出来ますし、官報に記載されるといっても、特に誰かに見られるわけでもなく、会社や友人に破産した事がバレるという事もありません。

 

ただし、持ち家があったり、自家用車など手放したくない資産がある場合であれば、自己破産よりも民事再生をするのが良いかもしれません。

このあたりの判断は、素人は判断するよりは、個々の債務状況に応じて考えていく必要があるので、専門家に任せた方が確実です。

 

特に、自己破産や民事再生は、高度な法律知識と経験が必要ですので、弁護士へ相談する事となり、司法書士では対応できませんので、その点も相談先を間違えないように気をつけて下さいね。

 

tokushu-01orange 認定司法書士の権限について、債務整理 弁護士 司法書士 違いでまとめていますので、一緒に読んで頂ければと思います。