債務整理 払えない場合

債務整理の中で自己破産だけは借金をチャラに出来るのですが、その他の手続き方法は、毎月分割で返済をしていくのが一般的になります。

しかし、最初は順調に支払いをしていても、途中から返済が滞ってしまい、ついにへ返済がストップしてしまうという方も中にはいますが、そうなると何かペナルティがあるのか??

ここでは、まとめていきたいと思います。

 

債務整理後に考えられるペナルティについて

債務整理で自己破産以外の手続き(任意整理、民事再生、特定調停)をすると、決まった和解内容を履行する事になりますが、もし履行内容を破った場合は、ペナルティとして「遅延損害金が発生する」のと、「一括返済の請求を受ける可能性」があります。

このペナルティですが、両方とも「期限の利益喪失事項」に該当するのが根拠で、和解時に定められています。

(=期限の利益については、債務整理 延滞で詳しくまとめていますので、一緒に確認下さい。)

 

多くの期限の利益喪失事項は、「2回分の返済を怠るもしくは金額が満たなかった時」となっていて、例えば毎月末日に1.0万円の返済と決まっている場合は、

  • 2ヶ月連続で入金出来なかった時
  • 2ヶ月目に2.0万円の入金額に達しなかった時

のような事があると、その時から遅延損害金がペナルティとして課せられる事となります。

 

こうなると、毎月の返済を頑張っても遅延損害金があるので元金返済が進まなかったりするので、返済意欲にも関わってきますし、何より計画よりも多くの返済をしなければいけないという事で、負担が増してしまい返済出来なくなってしまうという方も、少なくありません。

 

和解時に無理のない和解内容とするのが支払い不能を回避する方法です

では、このような状況を避けるためにどうすれば良いか??という事ですが、一番は「無理のない計画的な和解内容とする事」だと思います。

無理な和解をすると、あとで後悔する事になりますし、結果的に2度目の債務整理で自己破産を選択せざる負えなくなってしまう事もあるかもしれません。

そうならないために、一度目の債務整理で手続きを終えて、早期解決するように心がけて下さいね。