債務整理後の借り入れ

債務整理の手続に入ると、当面の間は借入が難しいという話は、よく聞かれる話ではありますが、実際のところは借入はいつごろになれば可能になるのか??

という点をここでまとめていきたいと思います。

 

キャッシングやクレジットカードの審査について理解しよう

まず最初に、キャッシングやクレジットカードの審査(与信)がどのようになっているのか?という点から簡単にお話したいのですが、審査にあたりざっくり言えば以下の内容を確認します。

  • 属性(自宅、勤務先など)
  • 年収
  • 他社借入額(信用情報を通して)

となっており、総合的に貸金業者が判断した結果で、いくらまで融資が出来るか(もしくは融資出来ないか)を判断していく事になります。

 

よって、上記のうちで一つでも貸金業者が不審に思う点や不都合を感じる点があれば、融資を受けられなかったり、希望額に達しないという事になるという事が前提にあります。

 

信用情報の中身について

この中で債務整理を関係が深いものがあるのですが、それが「信用情報」です。

信用情報には、

  • 属性情報(本人の名前、生年月日、住所や勤務先など)
  • 他社借入情報(借入額、借入日、返済日、返済額など)
  • その他債務に関連する情報

が情報としてまとめてあり、この中で債務整理をしたという情報についても、共有される事になっています。

 

信用情報は、信用情報機関という情報をまとめているところがあるのですが、

  • JIC(日本信用情報機構)
  • CIC
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

の3つが、日本では主たる信用情報機関と言われていますので、金融機関や貸金業者が利用する情報センターでもあり、ここに債務整理をしたという情報(=これを異動情報と呼びます)があると、まず借入審査に通る事は難しいと言えるのでは無いでしょうか。

 

債務整理をしてから異動情報はいつ消えるの?

では、債務整理をしてから異動情報はいつ消えるのか??という点ですが、情報センターの規約によると「5年を超えない範囲」としています。

よって、最低でも債務整理後に借入審査を受けても通る可能性があるというのは、「債務整理をしてから5年を経過しているか」は一つの目安になると思います。

 

ただし、最初に示した通り、信用情報だけで融資判断をしているわけでなく、その他にも年収や属性情報によっても、金額は変わってきますので、必ず融資を受けられるものではないという事をご注意下さいね。