債務整理 良い法律事務所

債務整理の手続きをする際に、無用なトラブルを避けるために、「事務所探し」はとても大切なポイントになります。

ここでは、あなたにとって、良い事務所とか??というポイントについてまとめたのと、法律事務所と法務事務所の違いについて、まとめたいと思います。

 

良い事務所を見分ける方法は??

最初に良い事務所を見つけるためのポイントをまとめますと、

  弁護士と司法書士の違いを理解し、予算や状況に合わせて考える。

簡単にいえば、司法書士は弁護士ができる債務整理の全ての手続きの一部が制限されます。

制限を受けるのは、「簡易訴訟代理権の部分で、140万円を超える訴訟額については、代理人となる事ができず、地裁扱いの事件についても、代理人にはなれない」という部分です。

これにより影響を受けるのが、

  • 任意整理や過払い金請求で140万円を超える場合、訴訟や交渉をする事は出来ない。
  • 自己破産や民事再生の手続では、代理人となって手続きを進める事が出来ない。

という事です。

一方、弁護士と比べて費用面では、着手金を無料としているところも多いので、多少は安く手続きが出来るという魅力がありますので、まずはどちらで手続きを進めるかを考えておきましょう。

 

  相談スタイルを確認していきましょう。

弁護士と司法書士をどうするかが決まれば、具体的にどこの事務所へ相談するかに変わりますが、最初は相談無料としているところが多いので、その間に複数の事務所へ同じ質問をして、比較するようにするのをオススメしたいと思います。

事務所によっては、債務整理に対する考えが違ったり、性格的な違いがありますので、ご自分の状況を理解してくれる上で、きちんと親身に相談に乗ってくれる人を探すようにしましょう。

 

  最後は、自分で「決断」する事、強い意志を持ちましょう。

自分自身で決断するのは、とても大切で、自分に対する意思表示でもあると思います。

自分で借金と決別し、そして今から先の明るい人生を歩む事を強く意識して取り組む事が、とても大切な事だと思いますので、強い意思で臨んで頂きたいと思います。

 

法律事務所と法務事務所の違いは??

最後に、法律事務所と法務事務所という言葉ですが、似ているようで違うものです。

法律事務所というのは、弁護士事務所のみが使える言葉であって、司法書士事務所が名乗って良い言葉ではありませんので、法務事務所と名乗るようにしています。