債務整理 pitapa

電子カードで使われるPitapaはとても便利なので、関西圏を中心に多くの方が利用されているのですが、債務整理をするとPitapaの利用はストップするのか??

ここでは、Pitapaとの関係についてまとめてみたいと思います。

 

債務整理を行うと、様々な信用契約が行いにくくなる傾向にあります。

クレジットカードが作れなかったり、大手の貸金業者と契約することが難しくなりますが、pitapaは 、乗車カードとして近畿地方や東海地方、北陸地方の一部や岡山県などの鉄道やバス事業者が導入しています。

乗車カード機能が中心ではあるものの、Suicaのようなプリペイド方式ではありませんし、後払いシステムになっている上にショッピングなどのも利用できることから、クレジットカードとして分類されます。

 

プリペイド方式であれば、債務整理後でも利用可能ですが、クレジットカードともなれば、なかなか難しいと考える方が賢明でしょう。

しかし、任意整理や特定調停のような、完済を前提とした債務整理を選択した場合には、クレジットカードといえど対応が柔軟な傾向にあります。

 

信用の回復も期待できないとは言えませんし、pitapaには、保証金預託制カードも用意されています。

交通サービスのみの利用となりますが、20歳以上であれば所定の保証金を預けることでカードが発行されます。

それによって債務整理を行った後であっても、交通機関で使うカードとしての利便性を確保することが可能になっています。

 

tokushu-01orange 一緒に読まれています。