債務整理 パート

債務整理の手続きを取るのに、パートやアルバイトで収入が少ない場合は、手続きを取る事が出来ないのでしょか??

ここでは、パートでも安心して手続きを進めて頂けるように、まとめていきたいと思います。

 

債務整理は、誰でも手続き出来るのか?

債務整理は、原則は誰でも手続きを取る事が出来るものですが、自己破産については、一度免責を受けてから7年は破産手続きを取る事ができません。

よって、何度も自己破産を出来るものではありませんので、気をつける必要があります。

 

その他の手続きについては、特段の取り決めはないですが、前提として「債権者が納得する形であるかどうか」だと思います。

債権者が納得する形というのは、民事再生の場合は半ば強制的な形での再生計画への同意となりますが、任意整理や特定調停の場合は、和解に同士するかどうかは債権者の判断によります。

 

例えば、過去の借金返済に対して緩慢なところがあったり、現在の収支状況を考えたところ、とても和解条件どおりに返済が出来ない、提案された和解内容では到底和解する気になれないという事があると、和解する事が難しくなります。

そのため、アルバイトやパートの場合、正社員と比べると収入が少ない事が予測されますし、その上に他での借金も多く抱えている場合、毎月の返済が厳しいと判断されれば、和解する事が出来ない可能性も高いです。

 

もちろん、あくまで一般的な回答としてとの可能性を述べていますので、必ずしも一致する事はありませんし、弁護士や司法書士の交渉力によって、和解の成否が変わる事もあるでしょうから、ある意味交渉力の高い代理人に依頼できると、有利に進める事が出来るかもしれないというのは、あながち間違いでは無いかと思います。

 

和解時に大切にしたい事は・・・?

ここまで見てきた通り、和解する際に借金を減らすのが難しい、毎月の返済が追いつかないないよう内容で手続きを取るのは、とても危険な事になります。

和解時に大切にしたい事は、

毎月の返済をきちんと出来る内容である事

という事です。

無理した内容で、手続きを取る事はしないように、しっかりと弁護士や司法書士と連携を取りながら、和解交渉を進めて頂ければと思います。

 

tokushu-01orange 一緒に読まれています。