お小遣い 足りない

お小遣いで、接待の前払いをしたり、輩を連れて飲みにいく事も多いサラリーマンの方、上司の方って多いかと思います。

しかし、お小遣いにも限界があるので、そんな時にカードローンやキャッシングを利用するのは、とても便利です。

 

実際、私の元上司の方は、◯◯銀行のカードローンで500万の限度額がいつも張り付いていました。(満額利用しているという意味です。)

500万円もの借金・・・どうやって返すんだろう?と思っていたのですが、ボーナス時に多めに返済する以外は、毎月は利息のみの入金。

最後は、退職金頼みで完済を予定しているんだとか。

今では、職場が変わったので、どうされているかわかりませんが、もし会う機会なんかがあれば、聞いてみたいと思います。

 

話が逸れましたけど、本題ですが、お小遣い足りないため、キャッシングを繰り返し、結果的に借金の返済ができずに債務整理をされた方の体験談を紹介したいと思います。

 

借金をし始めたきっかけは?

今の仕事は、接待やお客様と飲みにいく機会が多いところで、最初はお小遣いの範囲内でやっていたのですが、後輩などを飲みに連れていく事もあり、お金を出す事も多くなり、お小遣いの範囲では足りなくなってきました。

その事から、借金がどんどん増え始めてきたのです。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

借り入れをしてまで、交際費を使っている事は、とてもつらかったのですが、それ以上に借金が家族にバレるかも?と思うと、ストレスを溜めてしまったし、イライラする事も多かったです。

そして、ストレス発散のために、余計に飲みにいく機会が増えてしまい、借金の返済に回せるのも、結局は利息分しか返済ができなくなってしまいました。

そんなある時、借金が全然減っていない事に気付き、我に返り、最低返済額を下回った金額しか入金できていなかったので、将来に不安を感じた事が、相談するきっかけでした。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

妻には絶対に内緒のまま債務整理をしたいという事を伝え、結局は任意整理で相談していく事にしました。

ただ、実家の両親には事情を説明し、月々の返済額を半分持ってもらえる事になりました。

返済額としては、毎月3万円だったのが、2.2万円まで引き下げになりました。

アコム70万、プロミス30万、レイク30万の借金が残っていますが、両親のおかげで、そして債務整理のおかげで希望が見えてきました。