生活費 足りない 借金

生活費が足りずに、キャッシングをはじめとする借金をするお客様は、過去に何人も見てきましたし、実際に融資をしてきました。

当時は、総量規制という年収の3分の1までの貸出規制というのもありませんでしたし、1社あたり50万円までの借入額であれば、5社、6社と借り入れする事も無理ではありませんでした。

 

今でこそ、借金の出来る範囲が、年収の3分の1までという事で、総量規制を超える貸出は違法行為になりますので、闇金を除けば出来ないですが・・

それでも、借りた金額が全ての問題というわけでなく、借りた金額に対して、きちんと返済ができるのか?という点が問題となる事が多いです。

 

ここでは、生活費が足りないという事で、借金を繰り返した結果、返済能力を超える借り入れだったという事で、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

結婚してから、夫からは毎月の生活費をもらってはいたのですが、数万円程度ではとてもやっていけないですし、子どもが生まれてから、何かとお金がかかる事も多い(交際費だったりも含めて)ので、生活費が足りないので、借り入れし始めたのがきっかけです。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

生活費のやりくりが出来ない女だと思われるが嫌だったので、夫には内緒で解決しようと思って、借り入れについても打ち明けられず、一人で悩んでいました。

また、自分一人では借金返済も出来ない状況で、返済のために借り入れをするという、いわゆる自転車操業のような状況でもあったので、このままでは限界だと思ったので、弁護士へ相談しました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

一応、パート収入があったので、その金額の範囲内で返済を出来るようにという事、夫には内緒で解決したいという事で、任意整理で進める事になりました。

プロミス50万、クレディセゾン60万、セディナ50万、楽天カード40万円あり、月々の返済が7万円だったのですが、毎月の返済を3.5万円まで引き下げる事が出来ました。

 

絶対に家族には心配をかけたくないし、この借金だけは、夫に内緒で自分で返しきろうと思っています。

周囲からも、元気が出てきた事で、明るくなったねと言われたり、信頼される事も増えてきて、仕事も任されるようになって、人生が好転しましたので、債務整理をして良かったです。