債務整理 比較ガイド

債務整理を行うにあたり、何をもって比較ポイントとするか?は、とても重要な問題です。

ここでは、債務整理を比較するにあたり、知っておきたい3つのポイントと活かし方について、まとめていきたいと思います。

icon-point1-1-o 弁護士にしますか?司法書士にしますか??この違いを理解しましょう!

債務整理の代理人となれるのは、弁護士もしくは認定司法書士のみで、税理士や会計士、行政書士などの専門家であっても、代理人となる事は出来ません。

また、家族や友人も、本人の代理人となって、債務整理の手続きを進める事も出来ませんので、まずはこの事を知っておきましょう。

 

さらに、弁護士と認定司法書士では、大きな違いがあるのが、「代理権の範囲」です。

認定司法書士は、裁判所に出廷し、代理人として活動出来るのが、訴額が140万円以下、簡易裁判所での代理業務のみとなります。

 

icon-point1-2-o 弁護士もしくは司法書士の費用の名目ごとに確認しましょう!

弁護士や司法書士の債務整理費用は、それぞれ費用項目が違います。

主だった共通の費用項目として、

  • 定額報酬(債権者1社あたりに報酬額を設定)
  • 成功報酬(債権者1社あたり、成果地点ごとに報酬額を設定、過払い金返還請求額に応じて請求する事務所が多いです。)
  • 減額報酬(債権者1社あたり、借金の減額分に対して報酬額を設定)
  • 事務手数料(申立費用など、実費に関して)
  • 弁護士への日当(出張費や裁判所へ出廷時に請求される場合あり)

などがありますので、それぞれがいくらなのか?無駄な費用がかかる事は無いか??相場や事務所を比較するのは大切なポイントになりそうです。

費用の平均値については、債務整理 費用 平均でまとめていますので、参考にして下さい。

 

icon-point1-3-o 事務所や弁護士、司法書士の口コミや評判はいかがでしょうか??

今の時代、口コミや評判はとても重要なもので、インターネットが普及していますので、事務所名や弁護士名、司法書士名を入力して、口コミや評判、実績などもある程度調べる事が可能です。

また、債務整理 体験談では、過去に債務整理をされている方から、体験談を集めていますので、一緒に参考にして頂きたいと思います。

 

いかがでしょうか??

比較ポイントをきちんと明確にし、比較出来る状態にしておくだけでも、情報収集の時間短縮にもなりますし、相談をスムーズに進める事にもなりますので、オススメです。

 

是非、上記の比較ガイドを活用して、あなたに最適な事務所探しをして下さいね。