債務整理 減らない

返しても、返しても借金が全然減らない!そんな焦りだったり、危機感を感じている方こそ、債務整理の手続をとって、少しでも借金を減らしていく事が大切だと個人的には思っています。

 

債務整理する事のメリットをケースバイケースで確認

まず、ここでは債務整理の手続きそれぞれの方法を取るメリットについて、想定されるケースで考えていきたいと思います。

 

ケース1 任意整理 過去に利息制限法を超える金利で利用している場合

まず、このケースでは「過払い金」が発生している可能性が高いので、過払い金返還請求を行い、今の借金残高を適正な元金(法定利息で引き直しした残高)にする方が良いでしょう。

また、引き直し計算をした結果、元金がマイナスという事になれば、過払い金として戻ってきますし、信用情報に異動情報が登録される事も無いので、リスクゼロで借金問題を一気に解決出来ます。

 

ケース2 任意整理 利息制限法内で利用している場合

この場合は、将来利息をカットし、元金を確定する事で、借金を返しやすくする事が可能です。

和解する事で、元金が確定し、返済回数や返済金額も確定されるので、将来の見通しが立ちやすくなるメリットがあります。

 

ケース3 民事再生 住宅や自動車を守りたい場合

住宅ローンがある持ち家、完済済みで持ち家がある場合、自家用車がある場合ですが、民事再生で売却せずに借金を最大で5分の1以下にする事も可能です。

また、住宅ローンの返済期間も延長する事が出来ますし、債権者の同意も特には不要です。

とても良い方法ではありますが、きちんと返済できる事が前提だという事を忘れないようにして下さい。

 

ケース4 自己破産 全ての借金をチャラにしたい場合

最後に、自己破産ですが、住宅ローンの有無関わらず、借金そのものを全てチャラにしてしまい、イチから出直ししたいという方には、協力な手続きです。

持ち家や主だった資産があれば、すべて管財人が介入して売却の手続きや配当手続も行ってくれますし、免責になれば非免責債権以外は、全て支払い義務はなくなります。

 

免責不許可事由と非免責債権について
自己破産をしても、免責が許されない「免責不許可事由」にそもそも規定されている債権(借金)の事です。

例えば、

  • 財産を隠匿していた場合(自己の不動産を親族名義に変更するなども含まれます。)
  • クレジットカードの現金化など換金を破産直前にしている場合
  • 偏頗弁済
  • ギャンブルや浪費による借金
  • 詐欺行為で借入した借金

これらが該当します。

 

次に、非免責債権についてですが、そもそも借金を免責する事が出来ないものを「非免責債権」と呼びます。

  • 租税などの支払い
  • 損害賠償請求権
  • 養育費などの扶養義務者として負担する費用

これらは、免責から除かれます。