債務整理 ゴールドカード

クレジットカードって、一つのステータスみたいなもので、持っているカードの色である程度の収入だったりを想像する事も出来てしまいますよね。

カードによって、年会費の大小がありますが、コンサルジュサービスが充実していたり、ポイント獲得が増加したり、限度額を気にせず利用出来たり・・・

様々なメリットもあるクレジットカードやカードの種類ですが・・・

 

中でも、男子が憧れるブラックカード、プラチナカード、そしてゴールドカードは、債務整理をする事で作ることが出来なくなるのか??

今回は、クレジットカードと債務整理について書いていきたいと思います。

 

クレジットカードは、信用情報が関係します。

債務整理後のクレジットカード発行でも紹介していますが、クレジットカードの発行には、キャッシングと同様に「与信審査」が必要です。

与信審査では、信用情報を照会するので、他社での借入情報や過去の利用状況をチェックされる事になり、過去に債務整理をしている場合は、発行審査に落ちる可能性もあります。

 

これは、債務整理を過去にした事があるという「事故情報」が関係している事もあるのですが、事故情報は債務整理をしてから5年は信用情報機関に登録される事となっています。

 

ゴールドカードなどの審査は一般カードの審査よりも厳しい・・

前述でもある通り、クレジットカードは一種のステータスとも言えるもので、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと上がるにつれて、与信審査は厳しくなってきます。

また、限度額の違いもありますので、誰でも使える種類のものではなく、あくまでカードを持っても、計画的に返済出来る方しか使わない事が、大前提となります。

 

しかし、過去に債務整理をしているからと言って、一生作れないというわけではありませんし、審査基準をクリアする事ができれば、ゴールドカードを持つ事も出来ます。

クレジットカードの発行審査をする時点で、カードを持つに相応わしいと判断されるかどうか、その時のステータスによって変わります。

 

よって、望みのクレジットカードを発行するには、

  • 債務整理後にクレジットカードを作れる状態に戻す事。
  • 望みのクレジットカードの色にあった属性になれるよう年収をはじめとするステータスを整える事

が、必要になってくるという事を覚えていて下さいね。