債務整理 元金のみ

債務整理は借金を大幅に減額出来たり、破産をすればチャラにする事が出来る、強力な手段ではありますが、債務状況によっては、元金のみの和解しか出来ないケースもあり、大幅な減額を狙えない事もあります。

その一例が、任意整理の手続きです。

過去の任意整理と言えば、過払い金返還請求もセットとなってきた事もあり、大幅に元金を減額したり、元金がマイナスになる事で払い過ぎた利息を返還するというものが主流でした。

しかし、最近の貸金業法改正に伴って、グレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法内で契約する事となったため、過払い金が発生する事がなくなりました。

 

このような債権を任意整理する場合は、

  • 将来利息をカットし、元金のみで和解してもらうケース。
  • 将来利息をカットし、元金も減額交渉するケース。

いずれかの交渉となってきます。

 

しかし、金融業者からすると、元金をカットする理由や根拠はありませんし、過払い金返還請求で多くの金融業者は体力を減らしているところですので・・・

簡単に和解に応じるという事はありません。

 

よって、「将来利息をカットし、元金のみで和解」が現実的な和解のボーダーラインと言っても良いかもしれません。

 

それでも、中には元金のカットを交渉し、債務者のためにより良い和解内容を手にしようと頑張ってくれる代理人もいますし、債権者側が折れれば、和解が成立する可能性は残されています。

そのため粘り強く交渉を続けるのも一考かもしれませんし、特定調停に持ち込んで裁判所の仲介を得ながら、和解交渉の道を探るのもありかも知れません。

 

いずれにしても、和解が不調に終わった時は、民事再生や自己破産も視野に入れて考えておく必要が出てくると思いますし、それぞれの債務整理の特徴を活かした交渉をして頂き、より有利な交渉を進めてくれる、そんな代理人をパートナーに迎え入れるようにしましょう。