債務整理 デメリット 配偶者

債務整理をするのはメリットばかりでなく、デメリットも多く発生しますが、どのようなデメリットがあるのか??について、Q&A形式でまとめたいと思います。

家族や配偶者に迷惑をかける事はありますか?
債務整理する事で家族に影響が出たり、迷惑をかける事は、原則としてはありません。

ただし、破産をするという事は、資産のほとんどを失う事になりますので、車や住宅を失う事もあり、転居をする事もあったりで、家族へ影響する事が出る可能性は高いです。

また、債務整理をしてから信用情報上に異動情報があると、連帯保証人になる事が出来ないなどのデメリットも出てくる可能性があります。

 

家族のクレジットカード審査、キャッシングやカードローン審査に影響が出るの?
あくまで個人の信用をもとに与信判断をする事になるので、クレジットカード、キャッシングやカードローン審査は個人の属性と信用情報を原則として確認する事となります。

よって、影響は出ないと思われるのですが、CICは住所や郵便番号で同居者の参考情報を一部参照する事も出来ますので、金融業者によっては、与信に影響が出る可能性もゼロでは無いかもしれません。

 

債務整理すると、住宅ローンはどうなるの?
住宅ローンを返済中の人が任意整理や民事再生の手続をした場合、住宅ローンを一括返済するのではなく、引き続き返済を続けていく事となります。

民事再生の場合は、きちんと計画を立てて返済を進めていくようにしますので、問題も無いかと思います。

 

債務整理すると、住宅ローンは組めないの?
債務整理すると、異動情報が5年ほど登録される事となりますので、その期間は銀行も住宅ローンの融資を認める事は少ないと思います。

 

デメリットも多い債務整理ですが、それでもメリットを得られる方が大きいと判断すれば、手続きをしないで今の状況を続ける事が得策なのか?という事は、おのずと見えてくると思います。

大切なのは、

今の自分にとって、本当に必要な物は何か?

を冷静に判断し、見極める事だと思いますので、ぜひ、ご自身にデメリットよりもメリットが大きいと思われる場合は、債務整理を検討してはいかがでしょうか?