債務整理 注意点

債務整理をする前に、いくつか注意点があります。

ここでは、注意点についていくつかピックアップしてみましたので、参考にして頂きたいと思います。

  1. 費用面について
  2. 弁護士と司法書士それぞれのメリット、デメリット
  3. 信用情報への登録について
  4. 預貯金などや口座への影響について
  5. 周囲への影響について

以下で、それぞれについて詳しくみていきたいと思います。

 

費用面について

債務整理の手続を取る際には、必ず費用が発生します。

費用には、裁判所に支払う印紙代や予納金といったものもあれば、債権者と和解をする際に契約書を作成しますが、その時に必要な印紙代もあります。

 

また、弁護士や司法書士が代理人となる場合は、受任費用として、着手金、成功報酬、減額報酬、事務手数料などが必要となります。

まずは債務整理をする前に、どれくらいの費用がかかるのか??確認しておく方が良いかと思います。

 

弁護士と司法書士、それぞれのメリットとデメリットについて

次に、弁護士と司法書士のどちからに事件を依頼する場合、いずれも費用がかかる他にメリットとデメリットがあります。

例えば、弁護士と司法書士で大きな違いとしては「業務の権限範囲の制限」が一番大きな点です。

司法書士は、認定司法書士と呼ばれる、一定の試験を通った者しか債務整理の手続が出来ない上に、訴額が140万円を超えない簡易裁判所で手続きが取れる案件まで代理人となる事が出来るとなっています。

 

そのため、借金額が大きい場合や、自己破産や民事再生のように、地方裁判所で手続きを取るケースの場合は、借金が司法書士は代理人として手続きできず、書類代行などをするのみになり、自分自身で手続きを取らなければなりません。

さらに、書類代行自体も、非弁行為として違法とされるケースもありますし、弁護士に任せた方が無難だと言って良いかと思います。

 

逆に、司法書士のメリットとしては、弁護士と比べると多少は費用的にも安いという点です。

大きな差は無いにしても、少しでも費用を抑えて手続きを取りたいという方にはオススメかと思います。

 

信用情報への登録について

続いて、信用情報への登録ですが、過払い金返還請求を除いて、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理の手続を取ると、信用情報に事故情報(異動情報)として登録されます。

人によっては、ブラックリスト入りとも呼びますが、異動情報が登録されている間は、クレジットカードやローン、キャッシングの審査が通らない可能性が高くなります。

(詳しくは、債務整理後 借入可能でも紹介していますので、参考にして下さい。)

 

預貯金や口座への影響について

自己破産や民事再生どちらで手続きするか??というポイントの一つに、持ち家や自家用車を所持したままで手続きを進められるか??という違いがあります。

資産を処分するか、それとも維持して返済を進めるか、じっくりと見極める必要がある場合は、弁護士を付けて、しっかりと相談するのが良いでしょう。

 

また、銀行系カードローンを利用している場合、銀行口座を開設しているケースでは、口座凍結になる可能性があるので、この点も要注意です。

(詳しくは、債務整理 口座凍結でまとめていますので、参考にして下さい。)

 

周囲への影響について

最後に、周りの家族や友人などへの影響についてですが、保証人となっているケースでは、保証人へ請求がまるまる移る事になり、多大な迷惑をかける可能性があります。

また、保証人でなくても、自己破産となると、持ち家や資産のほとんどを失うわけですから、少なからずとも家族への影響は大きいです。

 

債務整理をする際に、どの手続で進めるのか?誰かに影響を及ぼす事は無いか??をしっかりと確認しておき、迷惑をかけるような事があれば、きちんと説明の上で手続きを進めるなど、一定の配慮が無ければ、その後の人間関係にも影響をきたすかと思います。

(詳しくは、債務整理をする事で周囲が受ける影響でまとめていますので、参考にして下さい。)

 

いずれの場合も、債務整理を行う上で、周囲への影響も大きいですし、迷惑をかける事になりますので、自分自身の事だけにとどまらない事を知った上で、家族や周囲の方々とも力を合わせてやり直しのきっかけを掴んで頂ければと思います。