債務整理 デメリット クレジットカード

債務整理のデメリットについて、配偶者や家族に対する影響については、詳しく過去記事で書いた事があるのですが、ここではクレジットカードに関連した情報を紹介したいと思います。

まずは、クレジットカードに対する考えられるデメリットについてです。

 

クレジットカードは新規発行が出来なくなる

まず、債務整理をした場合に覚悟したいのが、「クレジットカードの新規発行が出来なくなる可能性が高い」という点です。

 

クレジットカードの新規発行には、必ず審査が行われます。

この審査の一環に、「信用情報機関への信用情報の取得・照会」が必要となっています。

主な信用情報機関には、

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

があり、それぞれの信用情報機関では、借入情報の詳細や債務整理をした際に登録される「異動情報」などが登録される事となります。

 

この信用情報の中で、異動情報は特に債権者が嫌がる情報で、新たな融資(もしくはクレジットカードの発行)をしても、リスクが高いと判断しやすい材料になります。

当たり前の話ですが、金融機関もビジネスでお金の貸し借りをするわけですから、お金を貸して返ってこないという事があると、とても困りますので、審査には慎重な判断がされるのです。

その中でも、信用情報はとても重要な役割を果たす情報という事を憶えておきましょう。

 

今持っているクレジットカードにも強制解約のリスクが??

では、今手持ちのカードは何も問題が無いのか??という話ですが、実はカードには「途上与信」と言って、借入限度額だったり、クレジットカードの利用を継続出来るか。

定期的に見直しをかけています。

 

そのため、信用情報に異動情報などがあるのを途上与信で確認してしまうと、クレジットカードを継続して利用してもらうのもリスクが高いという事で、途中退会をさせる事もあります。

これを、「カード強制解約」と呼ぶのですが、」新しいクレジットカードを持てないだけでなく、今持っているカードも使えなくなるので、引き落としをカード決済にしている場合などは、要注意です。

 

上記のように、デメリットも多い債務整理ではありますが、それでも多くの方が借金を返せなくて困ったり、利息しか入金できずに困ったり、借金返済自体が止まってしまい取り立てに困ったり・・・

様々なデメリットを受けて、困っているという方も多くいらっしゃると思います。

そんな時に、債務整理で人生を立て直してきた方も多くいらっしゃいますので、是非借金問題の解決のために、必要な手続きだと感じて頂ければと思います。