クレジットカード 使いすぎた

クレジットカードは、現金とは違って、カードでスイスイと決済が出来てしまうので、ついついいくら使ったのか?を管理してなくて、使いすぎてしまった・・・

という事もあるくらい、管理が苦手な方にはあまりオススメ出来ないサービスです。

特に、

あとでリボ払いに変えればいいや

と簡単に考えている方には、そのような事を続けていると、借金が膨れ上がってしまい、最後には返済できないような借金を作ってしまう事もありますので、それだけは避けなければなりません。

 

ここでは、クレジットカードを使いすぎた事で、債務整理の手続を取られた方の体験談を紹介します。

もし、今ご自身がそのような状況に置かれている、借金が苦しくて返済も大変などと感じる事があれば、当ブログのトップページでは債務整理に関する情報をまとめていますので、参考にして頂けるかと思います。

 

 

クレジットカードを使いすぎて債務整理をしたAさんの体験談

クレジットカードの使いすぎで民事再生しました。

借金額は315万円ほどありました。僕が民事再生をした時は30歳の時です。

25歳頃からクレジットカードの使用が増え給料の半分以上を返済にあてていました。25歳〜30歳までの5年間でクレジットカードの使用料金が総額315万円まで増えてしまい、給料では賄えなくなってきたので民事再生をした感じです。

 

民事再生を知ったきっかけは「大借金を抱えていた友人が民事再生で負担が軽くなった」という話を耳にして、ネットで徹底的に調べて「どのような制度なのか」を深く知ることができました。

その友達は、私と同じく浪費で借金810万円を民事再生し、返済総額をかなり抑えられたと言っていました。

 

知り合いに弁護士事務所を紹介してもらい、すぐに手続きをしていただきました。

弁護士の先生は「自己破産の場合、買い物などの浪費による借金は借金免除の決定が出ない場合があるから、民事再生がやはり無難ですね。ここまでよく使いこみましたね。一体何に使ったんですか?リボ払いばかりしてたでしょ?」と説明をされつつも、プライベートなことまで突っ込まれてしまいましたが・・・

先生はとても信頼できるし、かなり敏腕らしいので、緊張せずに全てを先生に任す形で進めていただきました。

 

先生のおっしゃる通りでリボ払いばかりしてしまい、ここまで膨れ上がった状態でした。先生を紹介してもらって本当に良かったと思います。

ネットで色々なサイトを見ていると「いい加減な弁護士が多い」という体験記のようなものをたくさん見るので、弁護士選びは本当に大切だと思います。

 

今では返済もかなり減り、給料もしっかりと手元に残るので貯金も出来ています。

クレジットカードは4枚所有していましたがそれも無くなり、おかげさまで浪費癖も治りました。

 

当時は給料が入っても、ボーナスが入っても全ての金額と言っていいほどのお金を返済に充てていたので、常に焦っている気持ちでしたが、今ではそれも無くなり、心が解放された気分です。

クレジットカードやローンは5年間(弁護士の先生が5年間ぐらいはローンとか組めないから覚悟してね、と言っていた)できなくなってしまいましたが、あの切羽詰まった状態で生活を続けていたと思うと、全然こっちの方がいいです。

愛車は見積額が低かったので売却することからも守ることができ、足にも困っていません。

民事再生のおかげで彼女とも海外旅行に行くことができ、本当に幸せな毎日を送ることができています。借金に悩んでいる人にはオススメです。

 

513494

 

自己破産は避けたい、でも任意整理では厳しいという場合に

民事再生は、返済額を5分の1程度まで圧縮する事もでき、毎月の借金返済の負担も軽減、そして持ち家や車などの財産を処分しなくて済む可能性のある債務整理の方法です。

借金額が多くても、その方に合っているようであれば、債権者の同意を得て民事再生を選ぶのも一つの方法かと思います。

 

大事な事は、債務整理をした後に、生活を再建できるかどうか。

というところだと思いますので、早期に問題解決を考えている方には、オススメの方法かと思います。