離婚 慰謝料 借金して払う

離婚で慰謝料の請求をされる事もあると思うのですが、その時に離婚の慰謝料請求を借金をしてまで支払いをするのは、何もメリットがありません。

また、いくら離婚をしても、お互い一度は愛し合って結婚をした間柄ですし、相手が離婚慰謝料によって、生活が苦しくなったりするのはみたくないものです。

ここでは、借金をしてまで離婚慰謝料を支払いした事で、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思いますので、参考にして頂ければと思います。

借金をし始めたきっかけは?

離婚の慰謝料請求の際に、お金が必要だったので借入し始めました。借入自体はたいした事がなかったのですが、知り合いの保証人になっていたのがあり、本人が逃げてしまった事で、連帯保証分の支払いをしなければいけなくなりましたので、それで一気に厳しくなりました。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

自分の力では連帯保証分の返済は、どうにもならないので、このままではダメになるので、弁護士へ相談するしかないと思って、連絡をとりました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

結果的に任意整理で進める事になり、自己破産は避けたのですが、弁護士さんには自己破産も考えては?と進められたほど、厳しい状況でした。

それでも、自分の責任でこのように迷惑をかけているので、任意整理できちんと返済を続けていきたいという事を伝えて、手続きを進めるようにしました。

返済は、毎月の返済にボーナス月にも積み増しして返済するようにしているので、期間も短くしてしっかりと返済を続けていきたいと思います。

債務状況は、三井住友銀行で84万円、UFJバンクイックで50万、関西アーバン銀行で86万、アコム(連帯保証分)で130万あったのですが、全て将来利息はカットです。

月々の返済額は、9万円ほどが7.7万円まで下がりました。

自己破産以外の選択肢もあります。

債務整理と聞くと、自己破産と思われる方もいらっしゃいますが、それが全てではありませんし、他にも最適な方法もあります。

任意整理もその一つで、借金の相談をするのは恥だと思っている方も多い中、弁護士さんの「恥ずべき事では無いし、相談して良い事ですよ」と言われた時は、心が軽くなりました。

これから、業者からの取り立てが無いだけでも、随分と気が楽ですし、これから請求が来ないように、自分自身もしっかりとやらないといけないと思っています。

 

tokushu-01orange一緒に読まれています。