給料少ないから借金をするのは後が大変、債務整理の体験談

お給料が少ない時、生活費の補填でと始める借金(キャッシング)。

選択肢としては、決して間違いでは無いと思うのですが、安易に考えていると、借金返済が出来るだけの給料がもらえない、離職をしてしまい、支払いが出来ないという事もあり得ますので、要注意です。

ここでは、給料が少く、借金をしてしまい、結果的に債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

ネットショピングが好きで、結構カードを使ったり、キャッシングで現金を用意して、利用する事も多くなってきたのが、借金をはじめたきっかけです。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

最初はアコムだけだったのですが、他の借金も増えてしまい、どんどん借入が増えてしまい、このままでは返済が難しくなると思ったので、相談をしました。

自分自身、給料が少ないので、返済額が増えれば、それだけリスクも高まるという事で、このままだと潰れてしまうという不安があったのも事実です。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

ショッピングも債務整理出来るのは知らなかったので、本当に助かりました。イオンとアコムを合わせると80万近くありましたし、返済額が4.4万円にものぼるので、給料が少ない自分としては、返済金額が減るのは本当に助かります。

今は、毎月2.2万ずつの返済で大丈夫になりましたし、最終的には1.4万円まで減る見込みなので、本当に良かったです。

他にも奨学金の支払いもあり、返済はまだまだ続きますが、給料が少ないながらでも借金を減らすことが出来る任意整理は、本当に自分のためになりました。

これからは、借金しないためにも、クレジットカードも利用しないように自粛しようと思います。

借金返せない場合の悩み相談はどうすれば良いの?

借金が返せず、一人で悩んでしまうという方も多いですが、悩んでも解決出来ない問題は、専門家に任せるのが一番だと思います。

ここでは、借金を返せなくなった方が、任意知りの手続きを取られた体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

オーケストラに入っていて、チューバを買いたくて、借金を始めたのがきっかけです。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

最初は1社だけだし、金額も大きくないので、返済に支障がないと思っていたのですが、次々に借金を増やしてしまい、結局は気がついたら6社まで返済件数が増えてしまいました。

それでも返済するために借入しなければいけない状況だったので、別の会社に申し込みしたり、借金の増額審査をお願いするのもしばしばありましたが、今思えば悩みすぎて、おかしくなっていたんだと思います。

それでも借金を返せないまま、一人で悩んでいたのですが、このままでは本当にダメになると思ったので、借金返済を諦めて、弁護士へ相談する道を選びました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

結局は任意整理の手続をする事にして、6社の返済額が8.3万円ですが給料の半分を返済に回す事は無理なので、弁護士の先生に粘ってもらい、3.4万円まで下げる事が出来ました。

借金の返済にあてるため、趣味も捨ててチューバも売却してしまいましたが、それでも毎月の返済額が大幅にさがった事を考えれば、本当に大きなメリットを得られたと思っています。

返済ですが、アコム30万、プロミス8万、楽天カード18万、モビット13万、セディナ38万、オリコ35万の合計142万円です。

自己破産をしなくて良いという事がわかっただけでも、大きなメリットです。

しかも、返済額が少なくなったので、あとは件数を減らすように、プロミスやモビットなどは、早く完済できるようにはしたいと思います。

弁護士のアドバイスによると、4、5年程度かかると言われていますので、少しでも借金返済が出来ますように、頑張ります。

返済件数が多いのは、金額が多いのと同じくらい、大変なものです。

精神的にも負担がありますし、何より振り込み返済となった場合は、手数料もかかってきますので、バカになりませんので、気をつけた方が良いでしょう。

また、ATMを回る時間も、とてももったいないですので、その時間も短縮できるように上手く計画を立てて返済に当たりたいものですね。

消費者金融 2ヶ月滞納もすると借金返済が出来ない?

消費者金融の返済は、毎月1回が原則となっていますが、2ヶ月も滞納すると、借金返済が出来なくなります。

ここでは、消費者金融を二ヶ月以上滞納し、結果的に債務整理の手続に入った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

電話勧誘がきっかけで始めた事が、実は詐欺だった事に気付き、商品も送られてこないまま、連絡も取れないままという事になって、困ってしまいました。

しかも、その商品の購入などに関する費用は、借金でまかなっていましたので、借金の返済をしなければならず、とても大変な思いをしました。

そんな時、タイミング悪く兄が入院する事になり、兄の入院代の工面も必要となりましたので、借入はどんどん増える一方で、逆に借金の返済は進まず・・・

という悪循環に陥ってしまいました。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

支払いが遅れがちになり、2ヶ月、3ヶ月延滞するのは当たり前・・・みたいな状況になってしまい、結局は妻にも内緒で借入したものも、2ヶ月、3ヶ月の滞納で送られてくる督促文書がきっかけで、バレてしまいました。

妻とも相談した結果、借金返済は債務整理で解決した方が良いと結論になったので、弁護士へ一気に相談し、解決するようにお願いしました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

破産せずとも、任意整理で返済を継続出来るという事でしたので、3社の支払いがありましたが、借金返済を続けて、なるべく業者に迷惑をかけないようにしました。

セディナーカード25万円、オリコカード25万、銀行系カードローン30万、返済額が3.5万円が2.2万まで下げる事になりましたので、本当に良かったです。

督促、取り立てにビビらない日々を過ごす。

2ヶ月、3ヶ月と延滞をしていると、正直電話がなるだけでビクビクして、ビビってしまいます。

知らない番号からの電話におびえる日々から開放され、ストレスも受けないので、今はとても快適に過ごしています。

もし、今督促や取り立てに悩む日々であるのでしたら、一度弁護士へ相談してみるべきだと思います。

相談すれば、解決できる事も多いですし、何よりストレスのない日々が、こんなに清々しいという事を、是非知って頂けるきっかけにして頂ければと思います。

離婚 慰謝料を借金して払うのはとても危険

離婚で慰謝料の請求をされる事もあると思うのですが、その時に離婚の慰謝料請求を借金をしてまで支払いをするのは、何もメリットがありません。

また、いくら離婚をしても、お互い一度は愛し合って結婚をした間柄ですし、相手が離婚慰謝料によって、生活が苦しくなったりするのはみたくないものです。

ここでは、借金をしてまで離婚慰謝料を支払いした事で、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思いますので、参考にして頂ければと思います。

借金をし始めたきっかけは?

離婚の慰謝料請求の際に、お金が必要だったので借入し始めました。借入自体はたいした事がなかったのですが、知り合いの保証人になっていたのがあり、本人が逃げてしまった事で、連帯保証分の支払いをしなければいけなくなりましたので、それで一気に厳しくなりました。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

自分の力では連帯保証分の返済は、どうにもならないので、このままではダメになるので、弁護士へ相談するしかないと思って、連絡をとりました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

結果的に任意整理で進める事になり、自己破産は避けたのですが、弁護士さんには自己破産も考えては?と進められたほど、厳しい状況でした。

それでも、自分の責任でこのように迷惑をかけているので、任意整理できちんと返済を続けていきたいという事を伝えて、手続きを進めるようにしました。

返済は、毎月の返済にボーナス月にも積み増しして返済するようにしているので、期間も短くしてしっかりと返済を続けていきたいと思います。

債務状況は、三井住友銀行で84万円、UFJバンクイックで50万、関西アーバン銀行で86万、アコム(連帯保証分)で130万あったのですが、全て将来利息はカットです。

月々の返済額は、9万円ほどが7.7万円まで下がりました。

自己破産以外の選択肢もあります。

債務整理と聞くと、自己破産と思われる方もいらっしゃいますが、それが全てではありませんし、他にも最適な方法もあります。

任意整理もその一つで、借金の相談をするのは恥だと思っている方も多い中、弁護士さんの「恥ずべき事では無いし、相談して良い事ですよ」と言われた時は、心が軽くなりました。

これから、業者からの取り立てが無いだけでも、随分と気が楽ですし、これから請求が来ないように、自分自身もしっかりとやらないといけないと思っています。

 

tokushu-01orange一緒に読まれています。

飲み代 足りないそんな時に借金を重ね債務整理

飲み代や交際費というのは、常にお金がかかってしまうので、時にはお小遣いで足りないという事もあります。

そんな時に、キャッシングやカードローン、またクレジットカードは便利なのですが、借金を重ねてしまい、リボ払いを続けると、利息返済だけに止まったり、返済ができなくなってしまうというケースもありますので、ご利用は計画的に行わないといけません。

ここでは、飲み代が足りず、借金を繰り返した末、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

大学の部活で遠征費や飲み代など交際費が増えてしまい、最初は軽い気持ちで学生時代に始めた借金が、社会人になっても続けてしまったのがきっかけです。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

借金は長年に渡った事で、利息返済を続けてはきたのですが、返しては借入するの繰り返しなので、返済が進む事はありませんでした。、

そんな中、借金は150万円ほどになり、このまま減らないのでは将来に不安を感じてしまう・・という事もあって、また、若くして、結婚をしそして離婚をした事もあって、金銭面でも厳しい状況に至ったので、弁護士へ相談する事に決めました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

任意整理で手続きを進める事にしたのですが、返済については実家に戻ったので、通常の給料でやりくりできると判断出来ました。

家族にも内緒で返済はしていく予定なので、任意整理が都合良かったです。

プロミス100万、レイク20万、アコム20万、バイクのローン20万円あったのですが、月々は3.0万ずつの返済で、将来の利息をカットしてもらう事が出来ました。

人生の再出発に債務整理を

借金を繰り返したくない、又離婚などでお金がかかったりと、経済状況は刻一刻と変わります。

そんな時に、一人で悩むよりも、弁護士などに相談し、債務整理で再出発を図る事も、一つの方法として良いと思います。

特に、

  • 元金が全然減らない
  • 利息返済が続いている
  • 借金がどんどん増えてきた

というような、イエローサインが見られる方は、早期解決、相談が必要かと思いますので、まずは債務整理のトップページで紹介している弁護士や司法書士の無料相談のチャンスを活かして頂ければと思います。

一人で悩まず、専門家の意見を取り入れて、前向きな人生を送って下さいね。

自己破産免責復権、その後に借金を繰り返し・・・

自己破産をすると、免責許可決定を受けて、復権を果たす事で、破産者だという事ではなくなるのですが、破産後は特に今まで変わりがある事は無いです。

むしろ、借金がなくなった分、生活は一変します。

通常の銀行やクレジットカード会社、消費者金融での借入は、当面出来ないと思った方が良いのですが、闇金などについては、自己破産者相手でも融資をしてきます。

そのため、どこでも借りれない・・・

という事はなく、甘い誘惑は、日常の罠として、どこにでもあるので要注意なのですが、自己破産後も借入を繰り返し、結果的に再度債務整理に頼ることになった方の体験談をここで紹介したいと思います。

 

借金をし始めたきっかけは?

10年前に自己破産をしていたのですが、旦那には内緒で借入を再び始めることになりました。

理由は、長男の会社が潰れた事で、子どもの生活費だったり、当面のお金という事で気になったもので、親心として貸した事がきっかけです。

それから、親の介護費用などもあったので、借金は増える一方でした。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

自己破産を過去にしているので、もう二度と破産は出来ないだろうと思って、一人で我慢していたのですが、限界を迎えて、弁護士へ相談した方が良いと判断しました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

結局は、自己破産でなく任意整理で手続きが出来るという事でしたので、旦那には内緒で手続きできるという事もあったので、そちらで手続きする事にしました。

毎月の返済額が10万円近くいっていたので、この返済額を下げる事が出来れば、内緒でも返済を続ける事が出来るのでは無いか?という希望的な観測を持っていました。

実際、イオン27万、UFJニコス30万円、北海道キャネット50万円あったのを任意整理したところ、毎月の返済額は9.7万円から3万円へ、将来利息はカットする事に成功しました。

自己破産を繰り返さないためにも

自己破産は、1度してしまうと、その後7年間は破産手続きが出来ないのですが、やろうと思えばその期間後に手続きを取ることは可能でしょう。

しかし、自己破産を繰り返すよりも、そもそも借金を繰り返さない事の方が大事です。

 

一度、借金の怖さ、多重債務の怖さがわかっていても、やめられない・・という方も多いですが、強い意思を持って、借金を繰り返さないようにして頂きたいと思います。

また、そのためのきっかけにして頂ければと思います。

借金返せない時の相談は早めにしましょう

借金の返済ができなくなった時、借金が返せない時、一人で悩んでいても、何も得な事はありませんし、誰にも相談できない場合は、公的機関だったり、弁護士や司法書士といった、解決手段を持っている方へ相談するのが望ましいです。

ここでは、借金返済ができずに、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

生活費や交際費が足りずに、少しずつ借入をしていったのですが、祖父が亡くなった際に、借金が大きくなっていき、自分で支払い出来ない金額になっていきました。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

誰にも相談できず、ずっと来ていたのですが、祖母との二人暮らしで、生活が厳しくなって来たことで、支払いし続ける事は無理だと判断しました。

そのうち、借金を延滞するようになり、借金が返せなくなると、督促状などが届くようになったのですが、気付けば裁判所からも支払い督促が来る始末に。

一括請求と書かれていますが、とても無理ですので、このまま一人で悩んでも解決に至らないと思ったので、弁護士へ電話する事にしました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

祖母との二人暮らしで、生活費はかかわりますが、実家ぐらしで家賃はかかりませんでしたので、収入があるうちは任意整理で十分という事で対応頂きました。

月々の収入は16万円程度ありますので、節約すれば毎月の返済を出来るのと、元金だけの返済で良ければ、なんとかなるのでは??という思いもあって、月々の返済を下げるように交渉をお願いしました。

結果的に、プロミス50万、レイク18万、DCMX96万円、オリコ12万円がありますが、月々の返済が9.4万だったのが、4万円まで下げる事が出来ました。

借金問題は必ず解決出来ます

裁判所から支払い督促がきたり、貸金業者からメールや電話などで督促を受けてきても、一人で悩んでいても解決出来ないですが、この方のように、勇気ある一歩を踏み出せば、解決出来ない問題はありません。

任意整理の他にも、債務整理には自己破産、民事再生、特定調停という方法もありますし、ご自身にあった方法を弁護士が提案してくれるので、安心して任せましょう。