ママ友いない方が楽かも・・・借金を重ねてのお付き合いはNG

子どもの事を考えると、ご近所でママ友とお付き合いを重ねる事は、何かあった時の相談できる友人が出来ますし、子ども同士が仲良く遊べるようになれば、親も安心です。

特に、地域ではママ友がいた方が、ストレス解消にもなりますので、上手くお付き合いできた方が良いに決まってはいるのですが、お付き合いにお金をかけすぎるのは問題です。

 

今回は、ママ友とのお付き合いでお金を借入し始めて、結果的に債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

 

借金をし始めたきっかけは?

結婚後、子どもが生まれたので、専業主婦になり、地域のふれあいセンターに行くようになった事で、同世代のママ友とのお付き合いが始まりました。

専業主婦なので、小遣いの範囲内でやりくりしていたのですが、ランチに出掛けたり、御茶会だったり、頻繁にイベントがあり、お誘いを受ける事も多くなりました。

そんな中で、夫に相談する事ができず、結局は借入をしていく中でお付き合いをする事にしました。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

最初は子どものためだし、借入を続けては来たのですが、出費は増える一方で、生活費にも影響が出始めました。

ママ友との付き合いなんてなかったらいいのに・・・心ではそう思うのですが、嫌われたくないとか、仲間外れにされたくないという気持ちもあったり、子どもがいじめられるのは嫌なので、我慢して付き合いしましたが、いよいよ返済が厳しくなったので、弁護士へ相談する事にしました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

弁護士の先生には、夫には内緒で借金返済をしていきたい意向を伝えたところ、任意整理が良いと言われたので、その方法で手続きをするようにしました。

JCB80万、イオン30万、セディナ20万、シンキ70万、アコム60万と借金も多かったので、毎月10万円の返済をしていましたが、結果的に5万円の返済にしてもらう事が出来ました。

 

子どものため、子どものため・・・

と言い聞かして、ママ友とのお付き合いをしてきましたが、それで家計が無理になるまでやっていては、本末転倒ですし、これからは子どもの将来の事も考えて貯蓄もしたいと思います。

 

また、借金をしている時は、心に余裕がなくて、夫との喧嘩が絶えなかったり、子どもに対して当たり散らすような事もありましたが、少しずつ心にも余裕が出てきました。

まだ、返済の途中ですが、少しずつ家計もやりくりし、貯金もしていく中で、必要なお付き合いは、お金をかけずにやっていこうと思います。

生活費 足りないので借金を繰り返し債務整理へ

生活費が足りずに、キャッシングをはじめとする借金をするお客様は、過去に何人も見てきましたし、実際に融資をしてきました。

当時は、総量規制という年収の3分の1までの貸出規制というのもありませんでしたし、1社あたり50万円までの借入額であれば、5社、6社と借り入れする事も無理ではありませんでした。

 

今でこそ、借金の出来る範囲が、年収の3分の1までという事で、総量規制を超える貸出は違法行為になりますので、闇金を除けば出来ないですが・・

それでも、借りた金額が全ての問題というわけでなく、借りた金額に対して、きちんと返済ができるのか?という点が問題となる事が多いです。

 

ここでは、生活費が足りないという事で、借金を繰り返した結果、返済能力を超える借り入れだったという事で、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

結婚してから、夫からは毎月の生活費をもらってはいたのですが、数万円程度ではとてもやっていけないですし、子どもが生まれてから、何かとお金がかかる事も多い(交際費だったりも含めて)ので、生活費が足りないので、借り入れし始めたのがきっかけです。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

生活費のやりくりが出来ない女だと思われるが嫌だったので、夫には内緒で解決しようと思って、借り入れについても打ち明けられず、一人で悩んでいました。

また、自分一人では借金返済も出来ない状況で、返済のために借り入れをするという、いわゆる自転車操業のような状況でもあったので、このままでは限界だと思ったので、弁護士へ相談しました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

一応、パート収入があったので、その金額の範囲内で返済を出来るようにという事、夫には内緒で解決したいという事で、任意整理で進める事になりました。

プロミス50万、クレディセゾン60万、セディナ50万、楽天カード40万円あり、月々の返済が7万円だったのですが、毎月の返済を3.5万円まで引き下げる事が出来ました。

 

絶対に家族には心配をかけたくないし、この借金だけは、夫に内緒で自分で返しきろうと思っています。

周囲からも、元気が出てきた事で、明るくなったねと言われたり、信頼される事も増えてきて、仕事も任されるようになって、人生が好転しましたので、債務整理をして良かったです。

過払い金請求のCMがきっかけで債務整理を

債務整理には、任意整理だけでなく、自己破産や民事再生もあり、時には過払い金返還請求が出来る可能性もあって、その時には、借金がなくなるだけでなく、払い過ぎた利息を取り戻す事が出来ます。

今回は、過払い金返還請求のCMをラジオで聞いて、それがきっかけで相談に至った方の体験談を紹介したいと思います。

 

借金をし始めたきっかけは?

夫婦で配送業の仕事をしていたのですが、いつもは特定の取引先もあるので、生活に支障がなかったので、時々入金が遅れる事もあって、生活がしんどくなってきた事で、借金を始めました。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

借金は、長年に渡り利用していた事がたたり、徐々に借入額が増えてしまい、返済がしんどくなってきてしまいました。

そんな時に、配送中の車の中で、「過払い金返還請求をしませんか??」とラジオから流れてくるCMを聞いていると出てきたので、最初はどうゆう事か?を調べてもらうために、弁護士へ相談しました。

弁護士は、とても丁寧に説明をしてくれて、私自身の状況を聞くと、過払い金返還請求の可能性が出来る可能性が高いと知ったので、手続きを代理してもらう事にしました。

過払い金返還請求はレイクへ行う事になったのですが、レイクに取引履歴を取り寄せて手続きをすると、20年近くに上る事が分かりました。

これだけ長い期間の取引なので、自分では処理出来ないですし、手続きを代行して本当に良かったと思っています。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

結果的にレイクへの過払い金返還請求額は、167万円という事がわかり、毎月4万円ずつ返済していたのも、返済する必要がなく、手数料を差し引いて120万円を手にする事が出来ました。

借金を払ってきた身から、借金を返し終わり、その上で払い過ぎた分が戻ってくるという、衝撃的な事態が起きたので、本当にビックリしていますが、本当に助かりました。

お小遣いが足りないで債務整理をした方の体験談

お小遣いで、接待の前払いをしたり、輩を連れて飲みにいく事も多いサラリーマンの方、上司の方って多いかと思います。

しかし、お小遣いにも限界があるので、そんな時にカードローンやキャッシングを利用するのは、とても便利です。

 

実際、私の元上司の方は、◯◯銀行のカードローンで500万の限度額がいつも張り付いていました。(満額利用しているという意味です。)

500万円もの借金・・・どうやって返すんだろう?と思っていたのですが、ボーナス時に多めに返済する以外は、毎月は利息のみの入金。

最後は、退職金頼みで完済を予定しているんだとか。

今では、職場が変わったので、どうされているかわかりませんが、もし会う機会なんかがあれば、聞いてみたいと思います。

 

話が逸れましたけど、本題ですが、お小遣い足りないため、キャッシングを繰り返し、結果的に借金の返済ができずに債務整理をされた方の体験談を紹介したいと思います。

 

借金をし始めたきっかけは?

今の仕事は、接待やお客様と飲みにいく機会が多いところで、最初はお小遣いの範囲内でやっていたのですが、後輩などを飲みに連れていく事もあり、お金を出す事も多くなり、お小遣いの範囲では足りなくなってきました。

その事から、借金がどんどん増え始めてきたのです。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

借り入れをしてまで、交際費を使っている事は、とてもつらかったのですが、それ以上に借金が家族にバレるかも?と思うと、ストレスを溜めてしまったし、イライラする事も多かったです。

そして、ストレス発散のために、余計に飲みにいく機会が増えてしまい、借金の返済に回せるのも、結局は利息分しか返済ができなくなってしまいました。

そんなある時、借金が全然減っていない事に気付き、我に返り、最低返済額を下回った金額しか入金できていなかったので、将来に不安を感じた事が、相談するきっかけでした。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

妻には絶対に内緒のまま債務整理をしたいという事を伝え、結局は任意整理で相談していく事にしました。

ただ、実家の両親には事情を説明し、月々の返済額を半分持ってもらえる事になりました。

返済額としては、毎月3万円だったのが、2.2万円まで引き下げになりました。

アコム70万、プロミス30万、レイク30万の借金が残っていますが、両親のおかげで、そして債務整理のおかげで希望が見えてきました。

生活費 足りないそんな時にキャッシングは危険

生活費が足りなくなった時、また急に収入が減少した時に、ちょっと足りない分を補いたいと思った時に、キャッシングは、便利に見えますが・・・

キャッシングがきっかけで、借金を増やしてしまうというリスクもある事を理解しなければなりません。

また、借金が増えて、どうしようも出来ない場合は、どうすれば良いのか?

ここでは、実際の体験談を通して、紹介したいと思います。

 

  • 相談内容と相談のきっかけ

英語のレッスンがきっかけで、アメリカ人の彼と結婚をしたのですが、最初は収入もしっかりあって、生活も裕福だったのですが、彼の仕事の収入が、ある事をきっかけにどんどん減りました。

それでも、一度裕福な贅沢を憶えていると、なかなか生活レベルを落とす事は出来ません。

その上、夫の収入も一時的な事で、すぐ戻るだろうという、根拠の無い自信みたいなものもあり、一時的な借り入れと割りきって、キャッシングの利用が増えてしまいました。

 

  • 相談結果、どうやって返済する事になったか。

最初は大丈夫だったのですが、複数の借入先を利用していく中で、返済がしんどくなってきたので、おまとめローンを申請したのですが、審査に通りませんでした。

その上、与信枠もいっぱいだったので、借り入れが新たに出来るところは、全くありませんでした。

 

結果的に、ショッピングやリボ払いの一括返済があり、とても返済が出来ないので、任意整理をする事に。

楽天カード95万円、イオンクレジット80万円の元金がありますが、返済金額が毎月7万円から3万円になった事で、返済を続けていけるようになりました。

 

  • 相談者の感想と、当サイトの考え

結局は、自業自得と言われれば、それまでなのですが、慎ましい生活を心掛けて、これからは少しでも貯金できるようにしたいと思います。

生活費の補填とは言え、キャッシングは諸刃の剣

キャッシングは、無担保、無保証で借り入れが出来るとあって、とても便利なサービスではあるのですが、一方で総量規制が導入されたとは言え、借入額をきちんとコントロールしなければ、あとで返済が大変になります。

 

今回は、任意整理で事なきを得る事ができていますが、場合によっては、自己破産をしなければいけないケースもありますので、リスクも高いです。

総量規制に関係なく、返済ができるだけの借入額を、自己抑制しながら、考えながら取り入れるようにしましょう。

旦那に内緒で借金返済も限界を迎えました・・・

債務整理の相談をした時、事情はあれど、家族や夫や妻に内緒にしている方も多いですが、ここでは旦那に内緒で借金返済をしてこられた方の体験談を紹介したいと思います。

 

また、体験談を通して、借金返済が限界を迎えた時に、債務整理を選択するのは有益かどうか?を考える機会にして頂きたいと思います。

 

  • 相談内容と相談のきっかけ

母の病気をきっかけに借金をし始めました。

旦那には、仮い入れの事をいえず、家計のやりくりで返済をしていましたが、途中で妊娠が発覚し、上手くやりくり出来なくなってしまいました。

子どもが生まれ、しばらくの間は育児や家事に追われていましたので、借金の事を考える時間もなかったのですが、少しでも家計を助けたいという事で、保育園に入れてパートを始めるようになり、借金に対してもきちんと考えるようになりました。

 

  • 相談結果、どうやって返済する事になったか。

結局は、任意整理の相談をする事になり、アルバイトをしているので、その収入から返済を続けていく事にしました。

しかし、夫には内緒のままで借金返済を続ける事は、変わりませんので、毎月の返済額を下げてもらわないと返済が出来ない。

という事で、アコム50万、オリックス・クレジット10万、プロミス50万あった借金の将来利息をカットしてもらい、月々の返済を3.7万円から2.1万円へと下げてもらう事になりました。

 

  • 相談者の感想と、当サイトの考え

母の病気や医療費の事ばかりに目がいき、目の前の事しか考えてこなかった結果だと思います。

一時は、ノイローゼになる事もありましたが、借金返済の目処がついたので、その点はとても良かったです。

 

旦那に内緒の借金・・誰に相談すれば??

この事からもわかるように、旦那さんに内緒の借金を自分一人で返済を続けていくという場合、家計のやりくりだけでは、厳しいものがあります。

もちろん、正社員などで勤めていて、十分な返済資金があれば別なのですが、多くの場合は専業主婦だったり、アルバイトやパート勤務。

というのが、現実的なところです。

 

もし、借金返済が誰にも相談できず、一人で悩んでいるという方がいらっしゃる場合、「誰か相談できる人」がいて、逃げ道があるという事は、とても大きな心支えになると思います。

その中でも、弁護士や司法書士のような本人の代理人となり、問題解決に当たってくれるような存在は、とても心強いです。

 

ちなみに、任意整理は、誰にも内緒で、バレずに手続きを出来る債務整理の中でも特殊な整理方法です。

是非、借金問題を早期解決したい方、内緒で整理したいという方は、任意整理を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

生活が苦しいので専門家に相談した結果

生活が苦しい時、どうすれば良いでしょうか?

これから物価の上昇、インフレ、そして消費税の増税など、ますます生活が苦しい時に借金があっても生活もままなりません。

そんな時に、相談するところがあるかは大事ですし、実際に債務整理の相談をされている方の体験談を通して、参考にして頂きたいと思います。

 

  • 相談内容と相談のきっかけ

手元の資金がないのに、引越しをする事になり、借り入れを始めたのがきっかけです。

借入額が増えていく中で、生活も苦しいと感じて、そんな時に電車の吊革広告を見て、一度専門家に相談してみるのが良いと思って相談しました。

月額の返済額が少しでも下がればという気持ちと、誰かに相談して楽になりたいという思いからとった行動です。

 

  • 相談結果、どうやって返済する事になったか。

弁護士の先生から、任意整理がオススメという事で、アコム42万、レイク42万円、セゾン25万円に対して、任意整理をする事にしました。

両親には、家計を助けてもらうために仕送りという事で、毎月の返済額の援助をしてもらい、毎月の返済額を6万円あったのを3万円にする事も出来ましたので、以前より随分と楽になりました。

 

  • 相談者の感想と、当サイトの考え

今までは、新しい借り入れをして返済しましたが、ある時審査をしても通らない事があり、借金返済ができなくなった時に、はじめて自分の状況に気付きました。

たまたま広告を見かけて相談できたのは、ラッキーでした。

 

相談できるチャンスはたくさんあると思いますが、実際に行動に移す方というのは、少なくなります。

これは、不安な心理の表れだとは思うのですが、「実際に相談して解決した未来」を自分自身で描いた方が、有益な未来が待っているのでは無いでしょうか?

 

インフレ、増税、これから先は・・・

消費税の増税も予定されており、今後ますます国民からは税金の搾取、そして社会保障費も増えていく事が予想されるので、手取り収入はどんどん減っていきます。

また、デフレから脱却を目指す政府の政策を考えれば、インフレの世の中を迎える事も、目に見えていますので、このままでは、ますます生活が苦しくなる一方です。

 

さらに借金を抱えている状況があると、ますます苦境に陥るだけで、生活だけでなく、そのうち精神的にもまいってしまうという事もあり得ますので、早期解決を図りたいものです。

是非、当サイトの情報を活用いただき、解決の一助に役立てて頂ければと思います。

 

クレジットカード 複数の支払いがきつい時

債務整理の相談が実際に法律事務所に入ると、どんな内容なのか?

また、その時にどうやって相談に乗っているのか?また、当サイトなりのまとめをしていきたいと思います。

  • 相談内容と相談のきっかけ

クレジットカードのリボ払いを使ううtに、返済が困難に。

社会人にはなって、すぐだったので、カードに対する理解がなかったのと、毎月1万円~返済できるというリボ払いに、ついつい調子に乗ってしまった。

相談のきっかけは、複数枚のクレジットカードを所有していると、毎月5万円の返済を総額でする事になったので、このままではやばいと思い相談に到る。

 

  • 相談結果、どうやって返済する事になったか。

借金総額が90万円ありましたが、毎月の返済額を全体で2.0万円に抑えるように、任意整理の相談をする事にしました。

借金総額は減っていないですが、元金のみの返済でOK、将来利息の免除があったので、返済期間も短くする事に成功しました。

 

  • 相談者の感想と、当サイトの考え

クレジットカードには、キャッシングとショッピングの両方が利用でき、ついつい使いすぎてしまう事もありますし、返済が厳しくなってしまってから相談では、なかなか解決に至りません。

借金自体の減るスピードが遅くなってきている時点で、相談をしていく事で、早めの対応が出来ると思いますし、多重債務で苦しむという事も少ないのではないでしょうか?

借金問題が大きくなる前に

多重債務は、キャッシングだけでなく、クレジットカードのショッピングでも起こりえる事です。

最初は、リボ払いが便利だと、複数回に分けて支払いをする方もいらっしゃいますが、それでは気付けば借金返済額が増えてしまい、毎月の返済が出来なくなってしまった・・

という不都合が生じる可能性もあります。

 

是非、借金問題は小さいうちに、解決へと導くように心掛けて下さいね。

借金相談センターは実在するの?

借金の相談ができる機関には、弁護士や司法書士のような民事の団体(事務所)がありますが、公的な機関としては「国民生活センター」、「法テラス」などが有名です。

では、「借金相談センター」というのはあるのか??改めて調べてみたのですが、結論としては「公的な機関としては存在せず、ホームページの名称として使われている」ようです。

 

よって、国民生活センターや法テラスのように、直接的に債務者の方と相談をするわけでもないですが、それでも日本法規情報株式会社が運営しているサイトですので、全国の3,000名に上る専門家の紹介が出来たり、年間相談件数も4,000件を超える実績もありますので、安心して相談する事が可能です。

日本法規情報株式会社の公式サイトは、 ⇒ こちら 【無料】

 

相談センターが果たす役割

世の中には、様々な相談センターがあり、虐待予防だったり、高齢者の相談だったり、消費生活、国民生活など、生活と密接に関係するものばかりです。

専門的な部署とする事で、相談センターに情報が集約し、そして対応策だったり、予防策、時には個別に合わせた相談や解決案の提案などが出来るように仕組み化されています。

 

このようなセンターは、消費生活を健全に送る上でも、とても大切な役割を果たすものだと思いますし、公的機関が運営したり、関係している事も多いですので、安心して相談出来るのも、メリットの一つだと思います。

 

借金問題についても、消費生活センターや国民生活センターでは、詐欺情報だったり、消費者金融とのトラブル事例や解決方法などについても、情報が集まっていますので、上手く活用される事をオススメします。