飲み代 足りない

飲み代や交際費というのは、常にお金がかかってしまうので、時にはお小遣いで足りないという事もあります。

そんな時に、キャッシングやカードローン、またクレジットカードは便利なのですが、借金を重ねてしまい、リボ払いを続けると、利息返済だけに止まったり、返済ができなくなってしまうというケースもありますので、ご利用は計画的に行わないといけません。

ここでは、飲み代が足りず、借金を繰り返した末、債務整理に至った方の体験談を紹介したいと思います。

借金をし始めたきっかけは?

大学の部活で遠征費や飲み代など交際費が増えてしまい、最初は軽い気持ちで学生時代に始めた借金が、社会人になっても続けてしまったのがきっかけです。
借金の相談をするきっかけと相談方法は?

借金は長年に渡った事で、利息返済を続けてはきたのですが、返しては借入するの繰り返しなので、返済が進む事はありませんでした。、

そんな中、借金は150万円ほどになり、このまま減らないのでは将来に不安を感じてしまう・・という事もあって、また、若くして、結婚をしそして離婚をした事もあって、金銭面でも厳しい状況に至ったので、弁護士へ相談する事に決めました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

任意整理で手続きを進める事にしたのですが、返済については実家に戻ったので、通常の給料でやりくりできると判断出来ました。

家族にも内緒で返済はしていく予定なので、任意整理が都合良かったです。

プロミス100万、レイク20万、アコム20万、バイクのローン20万円あったのですが、月々は3.0万ずつの返済で、将来の利息をカットしてもらう事が出来ました。

人生の再出発に債務整理を

借金を繰り返したくない、又離婚などでお金がかかったりと、経済状況は刻一刻と変わります。

そんな時に、一人で悩むよりも、弁護士などに相談し、債務整理で再出発を図る事も、一つの方法として良いと思います。

特に、

  • 元金が全然減らない
  • 利息返済が続いている
  • 借金がどんどん増えてきた

というような、イエローサインが見られる方は、早期解決、相談が必要かと思いますので、まずは債務整理のトップページで紹介している弁護士や司法書士の無料相談のチャンスを活かして頂ければと思います。

一人で悩まず、専門家の意見を取り入れて、前向きな人生を送って下さいね。