妻の借金 債務整理すると夫に影響が?

妻が借金していて、代理弁済・・・

過去に、たくさんのお客さまで上記のようなケースだったり、子供の借金、親の借金を支払うという事に対応してきました。

その時に、「あなたのところが貸すから、こんな大変な事になった」とお怒りの言葉を頂く事もあれば、「迷惑かけて申し訳ない」という言葉をかけて頂く事もありました。

 

話が逸れましたけど、それらの借金は本来家族で立て替える必要があったのか?という点や、債務整理する事で家族にも迷惑がかかるのか??という点について、ここではまとめていきたいと思います。

 

借金の返済義務は、原則主債務者(本人)のみ

借金の返済義務ですが、原則として本人のみに返済義務がありますが、例外的なものとしては「連帯保証人などの保証人がいるケース」です。

連帯保証人は、本人と同様に借金返済義務を背負いますので、本人が債務整理などで借金の返済義務をま逃れたところで、連帯保証人には支払い義務があります。

 

連帯保証人の場合は、支払い義務があるどころか、借金をまるまる肩代わりしなければいけない程、責任の重たいものですので、簡単に連帯保証人になるような事をしてはいけない・・・

というのは、この点でも言えるかと思います。

連帯保証人については、債務整理 影響で詳しくまとめていますので、参考にして下さい。

 

妻の借金で夫に与える影響は??

次に、妻の借金が理由で、ご主人様が会社を辞めなければいけないだとか、会社の同僚に借金を知られて肩身の狭い想いをするだとか、不都合があるのか??

という点ですが、結論としては、「特に不都合は発生しない」です。

 

会社に知られるような事も無いですし、肩身の狭い想いをする事も何もありませんし、連帯保証人でない限り、支払い義務が発生するものでもありません。

 

ただ、心情として妻の借金が発覚したケースで、債務整理をするかそれとも借金弁済を立て替えるか??となれば、冒頭でも紹介したとおり、借金弁済を立て替える方も少なくありません。

その時に、よく言われたのが、

「今後、二度と借金しないように、貸付を禁止(自粛)するように出来ないか??」という相談ですが、自社で貸付自粛申出書のようなものを作成して、管理するのは可能ですが、他社での申し込みをされても効力はありません。

 

そのため、信用情報機関へ「貸付自粛(禁止)の登録を行う」事で、信用情報に加盟する金融業者からの融資は、自粛解除がない限り無理だという事は出来ます。

ただし、これでも十分で無いのが「ヤミ金などの正規の業者では無いところ」です。

これらの業者は、自粛機能は働きませんので、結局のところは自分自身で自制が効くかどうかにかかってきます。