妻のカードが見つかる!債務整理で一気に解決を

債権者という立場上、色々なお客さまと電話や店頭窓口で接する機会が多かったです。

特に、家族に借金がバレてしまって、一緒に来店されるケースでは、本人様も交えて色々とお話を聞かせて頂く事も多かったです。

今回は、その中で、妻のカードが財布から沢山出てきて、家計が火の車だった!という事を知った旦那様とのやりとりについて、紹介したいと思います。

 

ずっと妻の様子がおかしく、何かに怯えているような、不安な様子だった時がありました。

何か悩んでいるのかな??とは思っていましたが、仕事も忙しくあまり話を聞けるような状態では無かったというのが本音でした。

 

そんなある日、妻の財布から一枚のカードを見つける事になり、問い詰めたところ、複数枚のカードが出てきました。

私は、家計が火の車だった事を、この時はじめて知る事になったのですが、それと同時に今の借金額を聞き出すと、とても貯金を切り崩して支払いを立て替えられるようなものではありませんでした。

しかも、期日はとっくに過ぎているのもあり、すでに督促状も届くような状況でした。

 

今のまま放置していては、利息が雪だるま式に増えてしまうだけですし、何より妻自身が悩みすぎて病気になってしまうのでは??と心配になる程でもありました。

そこで、意を決っして各金融業者に妻と一緒に問題を解決する方法は無いか??という事で相談をして回る事にしました。

 

複数社を回るうちにわかった事ですが、どこの業者も一律同じような対応をしない、返済ができない事に対しての相談と言っても、特に何が出来るわけでも無いという事が分かりました。

一社は元金だけ支払いすれば、利息はカットしますという良いお返事を頂いたのですが、他の会社は遅延利息を支払いしてもらわないと、それから先の契約については変更できないという感じでお話されたり、支払い猶予するので、その間に利息分だけ入金して下さいとするところもありました。

 

根本的な解決は、各金融業者に話をしても無駄だと思いましたので、他の方法をネットを使って調べていくうちに「債務整理」をするのが一番だという事を知りました。

ただ、妻の意向としては、世間体もあるので破産するのは避けたい・・・

という事もあったので、まずは法律に詳しい弁護士に話を聞くのが一番だという事で、妻の気持ちと今の債務状況を考えてどうすれば良いか??というアドバイスをもらう事にしました。

 

結果的に、取引履歴を請求し、グレーゾーン金利を利息制限法に引き直し計算するだけで、元金が減額されたり、上手くいくと過払い金が発生する可能性もありますよという事でしたので、その手続すべてを弁護士さんでして頂けるという事もあり、そのままお願いする事にしました。

結果的に、元金は元にあった借金額の3分の1程度まで減額する事に成功し(これを任意整理と呼びます)、毎月決められた金額で分割返済する事となりました。

 

今思えば、借金をしたのは妻が悪いのですが、私とのコミュニケーション不足もあり、家計の状況も分からずにきていたので、二人の責任だったと思います。

しかし、今回の事がきっかけで、金融業者には迷惑をかけましたが、(特に元金のみで和解してくれると親身になってくれた金融業者に対してですが・・)結果的には借金の事や家族の事で上手くいったと思いますので、それはそれで良かったと思っています。

 

妻の借金、カード一枚から借金問題を解決するために家族一丸となって取り組んだ結果、一番良い形を取れたのでは無いでしょうか??

金融業者にしては、とても痛手ではありますが、最低限元金を回収できれば、痛手を最小限に抑える事も出来ますので、そう考えれば今回のケースは良かったのかな??とは思います。