債務整理 意味がない

債務整理は、意味が無いものなのか?という点について、個人的には「借金苦の人からすると、無意味なものは無い」と言えるので、無駄なものではありません。

 

特に、債務整理の中でも「自己破産」に関して言えば、借金を帳消しに出来るわけですから、何百、何千万単位で借金を背負っても、やり直しも出来ます。

決して意味の無いものでは無いので、借金苦からすぐにでも解決の糸口を探りたいという方は、積極的に考えられると良いかと思います。

 

債務整理が出来る事のメリット

債務整理それ自体の手続きに意味がある事は、破産の場合だと借金がチャラになりますし、任意整理、特定調停、そして民事再生であれば借金を減額する事が出来るという点からも理解出来ます。

しかし、それだけのメリットでなく、実は債務整理の手続きができる事のメリットは、他にもあると個人的には思っていて、

  • 犯罪抑止力にも繋がっている。
  • ヤミ金、さらなる多重債務を繰り返さない。

これらのメリットもあると思っています。

 

一つ目の「犯罪抑止力」と聞くと、大げさな表現ですが、詐欺だったり、強盗、窃盗・・・など様々な犯罪とお金の関係は密接的に繋がっています。

そのため、債務整理のような手続きがなければ、返済のために犯罪行為を犯すような事があってもおかしくないと思いましたので、ここで挙げさせて頂きました。

 

二つ目の「ヤミ金、多重債務」については、直接的な原因ともなりますが、今以上にお金の借入を増やしたり、ヤミ金のようなところで借金をすると、問題がさらに複雑化してしまいます。

もちろん、解決できない事は無いのですが、時間を要したり、面倒な事も多いですし、何より自分自身の心身が危険な状態にさらされる事になりますので・・・

 

そう考えると、ヤミ金に手を出す事、借金をさらに重ねて返済出来ない多重債務状態となる事は、望ましいことでは無いという事になります。

 

手続き自体の効力以外にも、債務整理で得られるメリットは、目に見えるもの、見えないものを合わせれば、多くありますので、意味がない事は無いというのが、当サイトでの考えです。

 

是非、今借金問題で頭を抱えている、実際にどうして良いかわからないで行動できない方は、債務整理についても前向きに考えて頂ければと思います。

 

tokushu-01orange 一緒に読まれています。