債務整理 弁護士 メリット

債務整理を弁護士に相談するのに、大きな費用がかかるのですが、弁護士に依頼する事でのメリットを考えて、比較した場合に、大きな3つのメリットがあります。

ここでは、弁護士への依頼で得られる3つのポイントをまとめて紹介したいと思います。

 

  弁護士へ受任した時点で、介入通知(受任通知)が発送され、督促(取り立て)行為を止める事が出来ます。

弁護士が代理人となり、債務整理を進めるという事を債権者に伝える手段として、通知の発送が行われますが、その中に「督促(取り立て)を止める」、「今後の窓口を担当は弁護士である事」が書かれています。

これにより、最短即日で債権者からの取り立てがストップするので、心身ともにストレスから開放されます。

 

  法律トラブルの専門知識、経験に長けた弁護士が代理人となる事で、迅速かつ的確に借金トラブルの解決へと導きます。

自分で債務整理の手続きを取るとなると、勉強も必要ですし、場合によっては出廷で裁判所に行く時間も必要だったり、和解交渉を行う時間も必要になります。

これらの時間を無駄にする事なく、すべての手続きを弁護士に任せておけるので、安心出来ます。

 

  債権者は個人よりも弁護士との交渉を嫌がります。

債権者としては、素人である個人と交渉するケースでは、強気だったり、少々の強引な提案なども仕掛けてくる事がありますが、相手が弁護士になれば、強気にも出てきません。

よって、個人で交渉するよりも、有利な和解内容だったり、手続きを進める事も可能になります。

 

これらのメリットがあり、そして債権者に有利な状況を作らせないためにも、弁護士が代理人とついた方が、何かと頼りになるかと思います。

 

実際、私が債務整理の交渉にあたる際に、相手が弁護士や司法書士の場合、下手な事は言えませんし、相手もそれをわかってか、強気な提案をしてくる事もしばしばありました。

やりにくさで言えば、断然に素人の個人を相手と違うところからも、間違いなく弁護士へ相談する方が良いかと、個人の経験からも言えるかなと思います。