債務整理 ローン組める

債務整理の手続きで気になるのが、「私はダメ人間になるのでは??」という事だったりしませんか??

過去のお客さまでいたのが、「責任を果たせない、自分で作った借金すら返済できなくて情けない・・」という事を仰った方がいました。

 

とても、責任感が強く、痛いほど気持ちが分かるのですが、一方で「借金返済しなくて何が悪い?」だったり、「できないものは出来ない」だったり、「そもそも返さなくて良いものでしょ??」などなど・・・

借金返済出来ない事を逆手に、開き直られる方もいらっしゃいましたので、人それぞれ思う事はこんなに違うもんだなぁって、思ったものです。

 

債務整理をしても、ダメ人間にはなりません。

ところで、冒頭の方の話に戻りますが、債務整理の手続きを取る事は、日本の法律で認められている事で、何も恥に思う事などありません。

むしろ、自分の責任を果たしたという意味では、褒められるべき行為だと、私は思います。

 

例えば、破産をするという事は、債権者に対しては迷惑をかける事になります。

財産もすべて失い、家族や親族への影響も避けられないかと思いますし、一時的に破産をする事での職業の制限を受ける事もあるかも知れません。

 

しかし、破産をする事で、人生をやり直すチャンスを得られるわけで、これからの明るい未来が開けるのですから、何もダメな事はありません。

実際に、芸能人だったり、著名人だったり、日本だけでなく世界的に見ても、破産後に大金持ちになったり、成功者になったりという事があります。

 

そして、破産をはじめ債務整理の手続きをする事でのデメリット(制裁)も、一生続くという事ではなく、一定期間をすぎれば、デメリットもなくなります。

債務整理のデメリットとして、一番影響があるのは「信用情報のブラックリスト」(=異動情報と呼びます。)です。

異動情報が登録されていると、「リスクの高いお客さま」とみなす傾向が強く、与信(カードの限度額を決めたり、融資を決めたりする事)に大きな影響を与えます。

 

簡単に言えば、「融資するための信用力不足」となり、審査落ちするケースがあるのですが、住宅や車など大きなお買い物をするケースでは、多くの方はローンを申し込みする事になります。

そんな時に、ローン審査に落ちるような事があると、大きくライフプランが狂ってくる事もありますので、異動情報があるという事は、その点大きなデメリットだとい事になります。

 

しかし、先程も言った通り、債務整理のデメリットは、一定期間を経過する事で終了となりますので、一生続くわけではありません。

他の問題で信用力を低下するという事がある場合は、個々人の中の問題となりますが、ここで取り上げた信用情報が理由による信用の低下は、取り戻す事が出来る。

よって、これを持って、一生住宅ローンや車のローンの審査落ちするという事はありませんので、その点では少しの我慢が必要ですが、辛抱していきましょう。

コメントを残す