債務整理後 過払い金

債務整理を終えてから、過払い金返還請求が出来る事を知って、過払い金の請求が出来るケースというのがあるのか??

気になったので、少し調べてみたのですが、結論で言えば「あまり例が無いケース」と言えます。

 

弁護士や司法書士のような代理人が対応しているケースが多い

多くの債務整理のケースは、弁護士や司法書士という専門家を通して手続きを代行してもらう(受任と言います)事が多く、専門家が債務整理のどの手続きを取る場合でも、必ず「引き直し計算」を行う事となるからです。

引き直し計算は、グレーゾーン金利で利用していた方の残高を利息制限法に引き直す事で、差額を計算する事を指します。

 

そのため、引き直し計算の結果、過払い金が見られる場合は、過払い金と残債務を相殺するようにします。

それでも、残債務が残る場合は、返済を分割もしくは一括で行うようにする「任意整理」と呼ばれる手続きが取られますし、残債務が多すぎて返済不能な場合は、「民事再生」や「自己破産」で対応する事になります。

また、残債務がなくなり、マイナスになった時に、はじめて「過払い金返還請求」となります。

 

そのため、ここまで計算をしておく事を考えれば、すべての債務整理の手続きをとった時点で、過払い金の存在が認められ、相殺するのかそれとも返還済みなのかという事になっているはずなので、あとになって請求するという事は、考えにくいのではないか??というのが、個人的に思うところです。

 

ご自身が債務整理の手続きを取ったケースでは??

あともう一つ考えられる事があるとすれば、自分で債務整理の手続きを取ったケースです。

ご自分で手続きをとり、任意整理や自己破産をした時は、稀なケースとしては「引き直し計算を行わず、過払い金の存在に気づいていない」というケースもあるみたいです。

 

しかし、債務整理の和解時に「本件以外に、債権債務がない事を認める」といったような和解事項が含まれているケースがあるので、これらを無効とする事や手続きを取る事は、割と大変なのかも??と思うところもあります。

それでも、稀なケースだと思いますし、やはり個人的に思うのは「債務整理後に過払い金請求をする事はほぼ無い」と思ってよいかと思います。