債務整理後 起業

債務整理をする時に、ふと疑問や不安に感じることの一つに「デメリット」が挙げられます。

様々なデメリットがある中で、一番のデメリットは??というと、「信用情報にブラック情報が報告される事」です。

 

信用情報にブラック情報が登録されると、その後の融資を受けたり、保証人となるのが難しくなりますので、これから融資を受けたい事があった時に、金融機関からお金を借りる事が出来なくなる事があります。

例えば、多くにあるのが住宅ローンの審査を申し込みする時、車のローン審査を申し込みする時です。

この時は、残念ながら債務整理の手続きをしていると、当面の間は融資が出来ないと思って頂いて良いかと思います。

 

これと同様に、これから起業をする方でも、国金などで融資相談をしようと考えた時、代表者の信用力が計られる事になり、その時に債務整理をしている事がわかると、融資審査に影響を与える事は大きいかと思います。

こう考えた場合、起業に支障が出るという事は、否めないという判断になりますが・・・

 

例えば、起業するにあたり、自己資金と立ち上げたり、コストを抑えて起業をするという事があれば、特に影響がありません。

と言いますのも、上記で説明した信用情報ですが、指定信用情報機関に照会して、借入情報を確認出来るのは、「信用情報機関に登録している金融機関のみ」となっている上に、与信判断や与信管理に必要な範囲内(業務に必要な範囲内)での照会と制限もされています。

さらに、信用情報はいつ、誰が、どのような目的で照会したのかを記録して残していますので、規約違反の照会を厳罰化していて、厳重に管理されています。

 

そのため、仮に取引をする企業さんが、身元調査という事で、信用情報を照会する事は、基本的には出来ないという事になります。

※その他の企業調査、官報情報の確認などは別となります。

よって、起業してまもなくても、債務整理の手続きをしていても、基本仕事に差し支えるという事は無いという事になります。

 

起業しても、債務整理が問題となるのは、融資相談を受ける時だけです。

将来の資金繰りや事業拡大のために、資金調達をしたい時には、金融機関以外の出資を募ったり、社債を発行する、知人や友人からお金を借りるなどで乗り切るしか方法が無いかもしれませんが、最後は熱意があれば継続出来る事だと思います。

 

是非、何事もチャレンジ、「成さねばわからぬ、何事も」的な精神で乗り切って頂きたいと思います。