債務整理後 借入可能

債務整理の手続きを経て、再び借入ができるかどうかについてですが、信用情報の異動情報と密接に関連があります。

信用情報とは、JICC(日本信用情報機構)、CIC、KSCという3つが大きなものとして挙げられて、金融機関は与信判断のために、借入情報の調査目的で利用します。

 

この信用情報は、加盟している金融業者のみ照会が出来るのですが、最新の情報に更新しておく事が求められていますので、借入情報は精度の高い情報となります。

この信用情報の中でも、特に債務整理などの手続きをすると、異動情報と呼ばれる情報が報告される事となって、この異動情報が掲載されている期間中は、金融機関も再度の融資を行う事はほとんどありません。

 

異動情報は、他にも長期延滞の情報や貸倒れ情報などもありますが、これらを抱える債務者の状況は、極めて新たな融資をしても焦げ付くリスクが高い。

と判断されているので、新しく借入ができない可能性が高いという事になります。

 

どのくらいの期間、異動情報は報告されるのか??

異動情報は、内容にもよりますが、おおまかには5年~7年程度は報告されます。

また、複数の異動情報が報告されている場合は、それぞれの理由から5年ないし7年程度の期間を要します。

 

また、信用情報とは違って、各社で個人情報の管理をしていて、過去の借入情報などをデータ化しています。

これらのデータは、他社に出回るという事はありませんが、過去に借入した借金を事故(延滞、貸倒れ、債務整理などした時)をしていると、新たに申し込みしてきても、融資を受け付けないという事があります。

 

この場合は、信用情報だけの問題でなく、金融機関との信頼関係によって成り立つ事ですので、信用情報の異動情報よりも重たい事実かもしれません。

 

出来れば、新しい借金を繰り返さなくても良いようになるのがベストだという事を忘れずに、債務整理後に新たな借金を繰り返さないようにして頂くのが、個人的には一番かと思います。