債務整理後 カード

債務整理後は、一般的にクレジットカードや消費者金融などの金融系のカードを新規申し込みしても、審査に通らない事が多いです。

イラスト スーパーなどである、ポイントカードだけ(クレジット機能なし)については、審査がありませんので、債務整理の有無は関係ありません。

 

この消費者金融やクレジットカードですが、審査が必要な理由として、「過剰貸付の禁止」、「多重債務の防止」のためで、借金は深みにハマると、どんどん金額が膨らんでしまうところもありますので、自分でブレーキをかけれないところ、業者側に融資責任を持たせるという意味でも、とても重要なものだと言えます。

 

この審査ですが、判断にあたっては、担保だったり、保証人をつけるというケースだけでなく、金融機関で「与信判断」が行われていて、与信判断には、申込者の属性情報(自宅や勤務先など)、収入情報、借入情報などを総合的に判断しています。

この時に、借入情報については、申込者の申告だけでなく、きちんと情報を整備している指定された「信用情報機関」を用いる事となっています。

 

これらにより、より精度の高い与信判断を行い、申込者が多重債務者とならないように、気をつけるという点においても、カードを安易に作成できるようにしていない事は、とても意義のある事だと思います。

 

裏を返せば、カードを作れない状態はイエローサイン

通常であれば、クレジットカードの審査などは、滅多な事がなければ落ちないものですし、「カードが作れないという事は、異常事態が起きている」と思って頂いても良いかと思います。

与信判断は、「問題がないか」をチェックしていて、問題があるから結果的にカードを作れないという事になるわけで、それは、「これ以上借りたり、カードを作ると危険ですよ」というイエローサインと同じです。

 

無理な借入は、自分の身に跳ね返ってきますし、結果的に借金苦で身も心もボロボロになる可能性も高いですので、やめた方が良いかと思います。

もし、カード審査に落ちるのが1度だけでなく2度、3度と続く場合は・・・

一度、自分自身のカード利用状況を振り返ってみられる事をオススメしたいですし、その上で返済に支障が出そうだという事であれば、早急な対応を取る事も検討して下さい。