債務整理 キャッシング

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続きがありますが、それぞれの手続き後にキャッシングの利用は可能なのか??

ここでは、キャッシングに関連した情報をまとめました。

 

債務整理後にキャッシングの利用は可能なの??

まず、債務整理各種の手続きを終えてから、キャッシングの利用が出来るか?ですが、「信用情報にブラック情報と呼ばれる異動情報が出ている間」、「官報情報に掲載されている期間」は、利用が出来ない可能性が高いです。

逆に、このような状況で利用できる会社がある場合は、要注意で、ヤミ金をはじめとするグレーな会社な可能性があります。

 

キャッシングの利用には、必ず「与信審査」と呼ばれる審査が必要で、審査を通った人だけが、キャッシングのサービスを利用できます。

この与信審査に中に、各種信用情報機関の信用情報取得や官報情報の確認が行われます。

 

この審査で、信用情報や官報情報で、審査にマイナスな情報として確認された場合は、キャッシングの審査に落ちる可能性は極めて高いです。

この与信審査を行うのは、金融業者(債権者)側からすると「貸倒れリスクのコントロール」をするためですし、逆に借り手(債務者)側からすると「多重債務、借金苦に陥らない」ために必要です。

 

大切な審査ですから、ここでマイナスになる情報があって、それでも融資が出来るという判断は、普通に考えても違和感があるかと思いますので、先ほどの要注意という事になります。

 

キャッシングが一生不可能なわけでは無い

ただし、信用情報の異動情報(=事故情報)、官報情報への登録は、一生されているわけではなく、それぞれ手続きを終えてから5年~7年の間とされています。

よって、

  • 自己破産や民事再生をした場合であれば、信用情報と官報情報の両方が消えてから審査をする事で、キャッシングの審査に通る可能性が出てきます。
  • 任意整理や特定調停の場合であれば、信用情報の異動情報が消えてから審査をする事で、キャッシングの審査に通る可能性が出てきます。

が、あくまで「可能性が出てくる」だけで、利用が確実という事を約束するものではないので、その点は注意が必要です。

※キャッシングの審査に、信用情報や官報情報は、一つの材料に過ぎませんので、総合的な判断材料は、その他の与信項目にもありますし、キャッシング会社の判断になります。

 

できれば、一度債務整理の手続きをとった事がある時は、キャッシングやカードローンで再び借金を繰り返す事は、リスクが高まりますので、オススメできません。

その点は、もう一度自問自答いただき、

「本当に、借金する必要があるのか??」

という点は、しっかりと考えて頂いた上で、行動に移して頂きたいと思います。