債務整理後のクレジットカード発行

債務整理をする事で、信用情報に異動情報が報告されるので、クレジットカードの新規審査、発行、更新手続きに影響が出るのでは??

と心配される方も多いかと思いますが、確かに信用情報の影響は受けますが、一生受けるという事はありません。

 イラスト 信用情報の異動情報は、債務整理後5年~7年です。

上記の通り、影響を受けるのは一定期間であり、その後は「個人の信用(返済能力など)」に問題なければ、クレジットカードを新規で作る事も出来る可能性があります。

※あくまで、クレジットカード会社の判断になるので、確実ではありません・・・

 

また、債務整理後にクレジットカードの更新時期が来た場合ですが、信用情報に異動情報が報告されていると、「更新審査に影響を与える可能性がある」とは言えます。

ただし、これもクレジットカード会社ごとによって、審査基準が全く違いますので、一概に一緒にとは言えないところではあります。

 

クレジットカード発行審査の流れ

ここで、クレジットカード発行までの流れを簡単に紹介しておきたいと思います。

まず、クレジットカードを作りたいとなった場合、作ろうと思うシチュエーションですが、

  • ネットで気になるクレジットカードを調べて申込する。
  • デパートやショッピングモールなどの会員カードに付帯して申込する。

上記のケースがほとんどかと思います。

特に、デパートやショッピングモールでは、ポイントカードの勧誘時に良く勧められるので、みなさんも経験があるかと思います。

 

ここで、クレジットカード会社に申し込みをするのですが、まずは属性情報の入力(記入)です。

自宅、勤務先、年収などの情報を取得するにあたり、個人情報取得の同意や信用情報の取得同意を行います。

 

信用情報の取得については、JIC(全国信用情報センター)、CIC、KSC(全国銀行個人信用情報センター)へ照会し、借入情報を確認します。

多くの方の審査が、この借入情報で基準を満たさない事で、審査落ちになります。

(=それだけ、リスクの高い項目だという事でしょう。)

 

属性情報や信用情報に問題なければ、「在籍確認」が行われます。

在籍確認は、会社に勤めている事実確認で、電話で行われるのが通常です。電話先は本人でも会社の方でも対応は問題ありません。

 

そこから、最終的な審査を行い、結果をお伝えし、カードの発行を行うのですが、多くのクレジットカード会社はカードを「簡易書留」にて送付するので、カード受け取りまで1週間前後がかかります。

 

上記の流れで、クレジットカード発行となりますが、更新審査も申し込みが無いだけで、審査の流れは同じようなものです。

 

繰り返しになりますが、まとめも兼ねての説明ですが、

この審査の段階で、信用情報に異動情報がある事で、審査落ちという可能性が出てくるという事が、債務整理後に考えられる影響と言っても良いかと思います。