債務整理 延滞

借金をしている方なら、頭を抱えてしまう問題として借金の延滞があるかと思います。

延滞する事で、遅延利息が発生し、通常よりも利率の高い返済を強いられるので、借金返済の弊害となります。

 

そのために、債務整理の手続きをとられる方も多いわけですが・・

債務整理の手続き後に、借金返済を延滞するケースでは、何かペナルティーがあるのでしょうか??

ここでは、延滞によるデメリットに関わる「期限の利益」と合わせて紹介したいと思います。

 

債務整理で延滞が発生するケースは??

債務整理には、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理の手続きがありますが、自己破産については、免責決定をされる事で、借金返済の義務がなくなります。

よって、借金が棒引きされる事になるので、延滞などを考える事は無いでしょう。

 

逆に、民事再生、特定調停、任意整理に関しては、分割返済となる事も多いので、約定どおりに返済が出来なかった場合などは、ペナルティーとなる事があります。

 

ペナルティー発生と関係がある、期限の利益について

ペナルティーがあるケースについて、先ほどまで説明をしてきましたが、ペナルティーとなる根拠をここから説明をしていきたいのですが、「期限の利益」と呼ばれるものがあります。

 

期限の利益は、民法136条、137条で「期限の利益の喪失、その放棄」について書かれていて、期限の利益は債務者を保護するためのものです。

逆に、「期限の利益喪失条項」があり、債権者は契約書に盛り込んでいるので、約款に書かれている事が多いです。

 

この期限の利益とは何??という点ですが、わかりやすく言えば

借金返済期限までは、債権者から取り立てされたり、一括弁済を求められたり、弁済する必要が無いなど、債務者に不利益となるような事をされる事は無い。」という事です。

 

また、民法137条では、

  1. 債務者が破産手続開始の決定を受けたとき
  2. 債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき
  3. 債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき

この場合に、期限の利益を主張する事が出来ないと書かれていますが、その他の事については、別途約款などで定めていないと、期限の利益を喪失した事を認められないという事になります。

 

解りやすく言えば、

期限の利益があるかぎり、何度も延滞を繰り返しても、債務者に不利な事(一括弁済を要求されたり、遅延損害金を支払うように要求したり、取り立て行為をする事)は出来ない。

となりますが、契約書に「期限の利益喪失条項」があると、それらを破った時には、期限の利益を喪失する事になりますという事です。

 

ほとんどの和解書(和解条項)には、期限の利益の喪失条項を盛り込む事になっていて、多くは

返済を2回以上怠った場合、一時に支払うもしくは遅延損害金20%を付けて支払う

事となっていますので、延滞をすると取り立てを受ける事はもちろんの事、遅延損害金が発生する事になり、しかも20%と高利ですから、返済に影響を与える可能性が高くなります。

 

上記の通り、期限の利益を喪失する事=債務整理後に延滞する事でのデメリットという事になりますので、その点は十分に留意して、和解時には守れない約束をする事の無いように気をつけましょう。