債務整理 弁護士 司法書士 違い

債務整理で弁護士と司法書士に大きな違いがあるの?

今回ここでは、それぞれのメリットとデメリットをまとめたいと思います。

 

弁護士の債務整理でのメリット

まず、弁護士についてですが、弁護士は社会からも認められた、「法律トラブルを解決するための専門家」として、高い地位にあります。

本人の代理人となり、法律トラブルの解決にあたったり、時には訴訟を代理したり出来るので、個人も法人でも、とても役立つ存在だと言えます。

 

個人の債務整理については、法律トラブルほど難しい内容ではなく、あくまで貸金業者や銀行などといった、金融機関との交渉だったり、和解にむけた書類作成などが出来れば良いので、ほとんどの弁護士さんにとっては、簡単な仕事だと思います。

 

そのため、顧問企業を多く持つ弁護士事務所だと、個人の債務整理は受付していない事もありますので、そのあたりは、ホームページなどで確認を取っても良いかと思います。

 

弁護士は、債務整理の自己破産、民事再生、任意整理の手続き、すべての代理人となれますし、和解交渉なども、何の障壁もなく手続きを出来ます。

よって、代理人として依頼する側としては、何も考えずに相談しやすいという点は、弁護士の持つメリットだと思います。

 

司法書士の債務整理でのメリット

逆に司法書士についてですが、司法書士は本来の業務が「登記を扱う仕事」で、「会社や不動産の登記をスペシャリスト」と言えます。

しかし、多重債務や自殺問題の深刻化、社会問題化をきっかけに、弁護士だけでは人出が足りないという事で、司法書士にも一部権限を認める事となり、「簡易訴訟代理権」を与える事になりました。

 

これにより、訴訟額が140万円を超えない範囲(=簡易裁判所で手続き出来る範囲)で、司法書士でも債務整理の手続きを行うことが出来るようになりました。

ちなみに、この簡易訴訟代理権は、司法書士全員に与えられるものでなく、法務省の定める研修などで認められた者だけという事で、「認定司法書士」という呼び方もされます。

 

司法書士は、弁護士との違いを示すには、社会的な信用という面では、とても勝てないところもあるので、「身近な借金トラブル解決専門家」だったり、「費用面でも安く設定する」事で、大量に案件を取り入れるようになり、実績を前面に押し出すところも多いです。

司法書士のメリットとしては、簡易訴訟代理権の範囲であれば、費用面でも安く抑えられる可能性があったり、実績十分で、経験値があるので貸金業者とも対等に渡り合えるというあたりになるかなと思います。

 

それぞれ、十分な実績、知識、経験もあるのですが、最後に債務整理の相談をしたり、受任をお願いするという事務所はあなたにとっては、一つだけです。

その一つと考えると、弁護士や司法書士がどうなのか??という大きな括りで考えるよりは、「その事務所自体が、代理人となろうとする方が、自分にあっているのか??」をしっかり確認した方が、あとあとでも困らないのでは無いかな??と思います。