債務整理 診断

借金返済をしていく中で、最後まで契約通り借金を返し終えるのが良いか、それとも借金返済の途中で債務整理をしてしまう方が良いか??

どちらを選択しようか考えた場合、以下の3つの診断ポイントでチェックするのがオススメです。

  • 借金返済途中で、将来に不安を感じたタイミング。
  • 毎月の借金返済を進める中で、借金が減らないもしくは利息入金のみとなっている。
  • 借金返済の約定が守れず、延滞もポツポツと発生、もしくは毎月のように延滞している。

ここからは、上記3つのポイントについて、詳細をまとめていきたいと思います。

 

借金返済途中で、将来に不安を感じたタイミング

  将来に疑問を感じたり、不安を感じるというレベルは、青信号から黄色信号に向かっている段階と言えます。

 

消費者金融やクレジットカード、各種ローンなど、金融商品やサービスは色々とありますし、他にも投資商品(投資信託、株式、FX、不動産投資など)なども合わせてくると、お金にまつわるものは日常で沢山あります。

そんな中、借金を抱える事も不自然な事ではなく、当り前になってきていますので、時には借金を背負いすぎてしまうという事があっても、何も不思議ではありません。

 

借入した時には、「ちゃんと返済できる」と思って融資を受けるのは当然なのですが、借金を抱えているだけで、将来に対して不安を感じる事もあります。

また、時には家族や自分の事で支出が増える(病気になったり、怪我になったり、新しい家族が誕生して家族構成が変わるなど)事もあるし、場合によっては、会社の倒産だったり、リストラ、給料の引き下げなどの煽りを受ける事もあるかもしれません。

 

収入減少、支出増加というものは、いつも隣り合わせな不景気な時代だと思いますので、そんな将来に一瞬でも不安を感じた時は、今の借金返済を進めるのにもっと良い方法は無いか?

例えば債務整理とまでいかずとも、おまとめローンなどで契約条件を有利にする事も出来るかと思いますので、一考の余地はあると思います。

 

毎月の借金返済を進める中で、借金が減らないもしくは利息入金のみ

  借金が減らないのは黄色信号!利息入金のみの方は根本的な見直しが必要です!!

 

次に、借金返済が思うように進まなかったり、毎月をなんとか利息入金でしのいでいるのは、イエローサインが出ていますので、早急な根本的な改善をしなければいけないと思います。

改善は考えるレベルでなく、行動に移すレベル」で、それこそおまとめローンなどが出来る金融業者を探したり、各社に契約条件の見直しを相談してみたり、債務整理も視野に検討に入れておく必要があるかと思います。

 

ちなみに、利息制限法に定められた金利以上(=グレーゾーン金利)で利用している可能性がある方(※1)は、過払い金返還請求が出来る可能性も高いですし、元金を減額するもしくは払い過ぎた利息を取り戻すようにして、一気に借金問題を解決する事も考えられると思います。

 

※1 グレーゾーン金利で利用している可能性がある方とは、平成22年6月18日に改正された貸金業法以前に利用していた方が該当する可能性が高いです。

取引履歴を取り寄せて、一度確認してみる事をオススメします。

 

借金返済の約定が守れず、延滞もポツポツと発生、もしくは毎月のように延滞

  延滞が続くのは赤信号!債務整理で対応しよう!!

 

最後に、借金返済の約定(契約内容)が守れず、期日や返済額が守れず、借金が減るどころか遅延損害金や利息がかさんでしまっているという場合は、「借金を追いかけて、借金が雪だるま式に増えている可能性が高い」です。

この状況で、借金返済を続けるのは厳しいですし、人によっては「借金返済の穴を借金で埋める」ような事をする方もいますので、とても危険な事です。

 

ここは、専門家の判断を仰いで、借金返済が出来ない事を自分自身が認めて、そのために取るべき行動を考えるようにした方が良いです。

借金返済ができず、債務整理する事になっても、必ずしも全てがダメになるわけではないですし、むしろ債務整理をきっかけに人生を立て直した方は、たくさん居ます。

 

もし、不安な場合は、債務整理 体験談では、過去に債務整理された方の体験談をまとめていますので、参考にして頂ければと思います。