債務整理 親

債務整理の手続きは、借金が大きくて返済不能な状況になっている場合に、とても有効な手段なのですが、人によって事情が様々な、手続きを躊躇されているケースもあります。

 

例えば、

「親には迷惑をかけてきたから、自分の借金が原因で心配をかけたくないし、年金暮らしだから安心して老後を送って欲しい」と願う子どももいれば、

「子どもに借金の事は打ち明けられないし、借金を内緒で解決したいけど、どうすれば良いのか判らない。このままだと相続にも影響が出るのでは無いか?」と悩んでいる親もいます。

 

他にも

「奨学金の返済を抱えた上で、キャッシングやカードローンで借金を繰り返した事で、借金返済が不能になってしまった」という方もいます。

 

このように、立場はそれぞれありますが、結局のところ「迷惑をかけられない」という気持ちから出てくる事だと思います。

そこで、今回は「債務整理の手続きをする事で、家族にどんな影響が出るのか??をQ&A形式にまとめて紹介」したいと思います。

 

親の借金が原因で考えられるQ&A

親が債務整理をすると、子どもの与信審査に影響するの?
キャッシングやカードローン、クレジットカードや各種ローン審査は、あくまで個人の審査になります。

連帯保証人などでない限り、それぞれの債務は切り分けて考える事になるので、影響は限定的ですので、ほぼ心配しなくて良いかと思います。

 

子どもの奨学金の申込をしたいけど、債務整理をしていると影響が出るの?
質奨学金は、子どもが将来仕事をして返還するもので、契約者主体は子ども本人ですが、保証人をつける際に年長者(親)がなる事が考えられます。

保証人になるには、審査を必要とするので、信用情報で債務整理した事を確認すると、審査落ちする可能性があります。

 

親の借金の保証人になっているけど、影響はあるの?_
保証人には、連帯保証人であるか否かが大切なポインになります。

連帯保証人の場合は、

  • 催告の抗弁権
  • 検索の抗弁権
  • 分別の利益

これらの権利が認められず、契約者と同じ負担を求められますので、要注意です。

上記の抗弁権の解説は、債務整理が自分自身や周囲に与える影響は?で詳しく紹介していますので、参考にして下さい。

 

親がなくなりましたが、借金が残っているようですが、影響がありますか?
相続放棄をしなければ、遺産のプラスもマイナスも相続する事となります。

必要に応じて、親族で遺産分割協議が必要だったりもするので、複雑多岐な問題になりますので、弁護士へ相談して遺言書も含めて確認するようにしましょう。

 

子どもの借金が原因で考えられるQ&A

子どもの借金を立て替えしようと思うけど、出来るの?
代理弁済は可能ですが、あくまで本人の意思があってのもです。

当然の事ながら、契約者本人以外に支払義務はありませんので、貸金業者などが親族へ代位弁済を迫ったり、督促(取り立て)行為をする事は、法律上で禁止されています。

 

子どもが居所不明(行方不明)。借金を債務整理したいけど、代わりにできる??
子どもの債務整理は、ご自身で手続きする必要がりますので、連帯保証人などでない限りは手続きを代行する事は出来ません。

 

子どもの借金がいくらあるか、本人もわからないらしい・・・
信用情報機関へ「データの開示請求」をしてみましょう。

そして、その開示情報をもとに、各貸金業者や信販会社に「取引履歴の開示請求」をする事で、債務整理の手続きを漏れ無く出来るかと思います。

 

過去に親が債務整理した事があるけど、クレジットカード審査は大丈夫??
クレジットカードの審査で重要視されるCICと呼ばれる情報センターですが、住所で債務を紐付けしています。

よって、同居の場合は親族の債務状況を確認する事も出来ますので、場合によっては同居家族の過去の利用情報が原因で、審査落ちする事もあります。

より確実に、慎重に審査申込したいという方は、引っ越しして本人確認書類の住所変更、住民票の異動までしておくと良いかと思います。

 

親子の間でも借金が原因で信頼関係が壊れるという事がありますし、また、多大な迷惑や不利益を被る事もありますので、債務整理を自分だけすればOKというわけにはいかない事もあります。

 

債務整理の中でも、任意整理であれば誰にも内緒、家族に内緒で手続きが取れますが、連帯保証人になっている場合には影響も出ますので、勘違いないように慎重な判断をしたいものです。

 

是非、借金問題を早期に解決したいという方は、お近くの弁護士や司法書士といった借金問題解決のプロへ無料相談から始められるのをオススメしたいと思います。