債務整理 完済後

債務整理をすると、信用情報に異動情報(事故情報)が登録されるので、カードブラックになる話は、ここでも度々デメリットとして取り上げています。

また、異動情報がある事で、クレジットカードやキャッシング、カードローン、また教育ローン、住宅ローン、自動車ローンなどの各種ローンの審査、更新利用が出来なくなる可能性が高いという話も取り上げてきました。

参考として、債務整理後のクレジットカード発行や審査について債務整理 車や住宅ローンは組めるの??でも取り上げていますので、ご覧下さい。

 

では、このデメリットはいつまでも続くのか??完済しても続くのか??という点ですが、結論としては、「債務整理の手続き後、5年~7年程度は異動情報が登録されている」となりますので、その間はデメリットを受け続ける事になります。

これは、完済しても同じで、完済したからと言って、それを持って異動情報を消す手続きという事ではなく、あくまで手続き後5年~7年を経過する事で各種個人信用情報機関から異動情報の報告が削除される事となります。

 

この5年~7年というのは、債務整理の中でも任意整理、特定調停は比較的早い情報の削除という事で「5年を超えない範囲」となりますが、逆に自己破産や民事再生の場合は、少々長い期間という事で「7年を目安」とされています。

このあたりのデメリットやどのくらいの期間が利用出来ないのか??

という点は、司法書士や弁護士へ相談した時点で、デメリットについて確認しておいた方が良いかと思いますので、債務整理の手続きをする方向性が決まれば確認しましょう。

 

債務整理の手続きを取る前は、誰もが不安がありますし、その不安をそのままにして手続きを取る事のないように、少しでも払拭してから相談、将来への希望を見出して頂ければと思います。

 

tokushu-01orange 一緒に読まれています。